「2021年話題のスイーツ4選」マリトッツォにフルーツ大福……流行スイーツを振り返る!

マリトッツォにフルーツ大福など、2021年も話題のスイーツが続々と登場しました。入手困難なほどの人気を博し、専門店も続々出店、SNS上も賑わせた2021年流行スイーツを振り返りましょう!

タピオカやバスクチーズケーキなど、毎年世間を賑わせる流行スイーツ。2021年も話題のスイーツが続々と登場しました。
 

リクルートが発行するクーポンマガジン『HOT PEPPER』が、全国の20~30代の男女2075人を対象に聞いた「2021年に流行ったと思うグルメ」調査結果を元に、2021年、多くの人が夢中になった、話題のスイーツを振り返りましょう!
 

1:スイーツでもあり、“リッチな食事”! 「マリトッツォ」

DEAN & DELUCAの「ピスタチオのマリトッツォ」


最も勢いがあったスイーツともいえる「マリトッツォ」。スイーツ専門店だけでなく、人気コーヒーショップや各コンビニからも次々とオリジナル商品が販売され、誰もが目にする人気スイーツに。
 

香ばしいブリオッシュ生地に、たっぷりのクリーム。見た目のインパクトもさることながらボリュームもたっぷりで、スイーツというより、しっかり食べ応えのある“リッチな食事”にもなるマリトッツォ。『HOT PEPPER』の調査で半数以上の人が示した「1日のうち1食は『おやつ以上食事未満の軽食』(1食7割程度の分量)に変えたい」という2021年のニーズをしっかり満たしたことも人気急上昇の要因かもしれませんね。


▽参考記事
今大人気の「マリトッツォ」って、本当に美味しいの? 編集部員が競合スイーツ3種を食べ比べしてみた!
 

2:色鮮やかな断面で贈り物にも大人気! 「フルーツ大福」

「フルーツ大福」は、王道スイーツ「いちご大福」の進化系?


いちご大福は言わずと知れた王道人気スイーツですが、2021年は、キウイ、オレンジ、バナナ、マスカットなど、色とりどりの断面が美しい「フルーツ大福」が大流行! フルーツ大福専門店も各地に出店されました。
 

柔らかいふわふわの餅生地に餡とホイップクリーム、みずみずしいフルーツの組み合わせは絶妙な美味しさで、和菓子とも洋菓子ともいえる珠玉のスイーツ。見た目の華やかさから、贈り物にも選ばれました。
 
 
▽参考記事
美味しい「いちご大福」の名店は?編集部員がガチで食べ比べしてみた
 

3:2022年も人気続行? 濃厚で香ばしい味わい「ピスタチオスイーツ」 

各コンビニでも続々と「ピスタチオフレーバー」が登場!


ここ数年、ブームが続いている「ピスタチオスイーツ」は、2021年もさらに話題を集めました。SNS上でも話題で品薄状態が続いた、成城石井の『ポリコム ピスタチオスプレッド 240g』をはじめ、森永製菓の定番アイス『ピノ』45周年記念のスペシャルフレーバーとしても「ピスタチオ」が抜擢され、話題の尽きない1年でした。
 

スイーツ有名店をはじめ、各コンビニでもピスタチオフレーバーのプリンやクッキーなどが続々と発売され、香ばしく濃厚な味わいが楽しめるピスタチオスイーツの人気は2022年も続きそうですね。 

 
▽参考記事
大人気 「ピスタチオスイーツ」7種を食べ比べしてみた! プリンやアイスまで……コンビニ、成城石井などで厳選
 

4:「台湾カステラ」に並ぶ人気台湾スイーツ! 「台湾パイナップル」

「台湾カステラ」に並ぶ台湾スイーツ! 「台湾パイナップル」


SNS上でも注目され、専門店の出店も相次いだ「台湾カステラ」。しゅわしゅわの口溶けが新感覚で、人気は急上昇。2021年人気スイーツの仲間入りを果たしました。
 

同じく、2021年注目の台湾スイーツといえば、「甘くてジューシー!」「芯まで食べられる!」との声が相次いだ「台湾パイナップル」。そもそも、中国が輸入を禁止した事から日本の多くのスーパーが輸入、販売を開始したことがきっかけだったのですが、従来のパイナップルとは一線を画す台湾パイナップルの美味しさは、たくさんの人を虜にしました。
 

▽参考記事
台湾料理研究家が教える! ネットには載っていない「台湾パイナップルを100%美味しく食べる方法」



>『HOT PEPPER』の調査「2021年に流行ったと思うグルメ」TOP10を見る

※回答者のコメントは原文ママです

【おすすめ記事】
“味変マリトッツォ”も続々発売! セブンの「マリトッツォ」はどのようにして誕生したのか
無印良品の大ヒット商品「キンパ」は、なぜひと口大にカットしてあるの? 開発担当者を直撃!
大ヒット商品「丸亀うどん弁当」は、ハンバーグやナポリタンもおかず候補だった⁉ 丸亀製麺に聞く誕生秘話
スターバックス「47 JIMOTO フラペチーノ(R)」は、地域と人のつながりが要だった!? プロジェクト担当者が語る開発秘話

【関連リンク】
プレスリリース

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    港区女子は、なぜここまで嫌われる? 自活する女性から「おごられ」「パパ活」の代名詞になった変遷

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応