【M-1グランプリ2021】決勝出場の「売れそう」「今後人気が出そう」だと思うコンビランキング! 1位は?

12月19日に決勝が行われ「錦鯉」が優勝を飾った漫才日本一決定戦「M-1グランプリ2021」には、過去最多の6017組がエントリーしました。決勝への出場を果たした10組の中から「今後人気が出そう」なコンビのランキングTOP3を発表します。

NEXERが運営する「日本トレンドリサーチ」は、12月20~22日の期間、12月19日に放送された「M-1グランプリ2021」を観たと回答した男女750人を対象に、アンケートを行いました。アンケートは決勝戦でネタを披露した10組の芸人の中で、「売れそう」「今後人気が出そう」だと思うコンビとその理由について聞いたものです。この記事では「今後人気が出そう」なコンビをランキング形式でご紹介します。
 

第3位:「インディアンス」

インディアンスは、きむと田渕章裕の2人による、吉本興業所属のお笑いコンビ。2019〜2021年と3年連続でのM-1グランプリ決勝進出を果たしました。

インディアンスに投票した人からは、「本当は賢いのかもしれないが田渕の馬鹿さ加減が昭和の匂いがして面白い」「勢いがあって売れそう」「テンポがよく、一番面白かった」「話の展開が上手い」「まだまだこれから面白くなると思う」「華があるし、経歴が面白い」「観客をひきつける魅力を持っている」といったコメントに加えて、2人のキャラに対するポジティブな意見が目立ちました。
 

第2位は「オズワルド」

オズワルドも、3位のインディアンスと同じく吉本興業に所属するお笑いコンビで、3年連続でのM-1グランプリ決勝進出となりました。「オズワルド」のメンバーは、畠中悠と伊藤俊介。伊藤俊介の妹は、ドラマや映画、CM、バラエティなどで活躍する俳優の伊藤沙莉です。

回答者からは「スタイリッシュで小気味いい」「ネタが一番面白かった」「ネタもコメントも面白く、トーク力もある」「漫才のクオリティが高い」「基本がしっかりしている」「安定して面白そう」「喋りが完成されているので、これからひな壇やバラエティに大活躍しそう」などの意見が寄せられました。
 

第1位は「錦鯉」

750人中275人と、3割強の回答を得て、錦鯉が1位に輝きました。錦鯉はソニー・ミュージックアーティスツ所属の長谷川雅紀と渡辺隆によるお笑いコンビ。歴代のM-1グランプリ優勝者の中でも、最年長のチャンピオンとなりました。

「以前から来てる感はあり、更に波に乗って引っ張りだこになりそう」「年齢が高いため、これまでより広い層から需要がありそう」「安定感あり、一生懸命さがヒシヒシ伝わってきて、頑張って欲しいと応援したくなった」「50歳であのバカキャラを貫ける人がなかなかいない」「とにかくおもしろい。難しく無いのがいい」「おじさん世代の希望の星」などがあり、2人の人柄の良さについてのコメントも多くありました。

>10位までの全ランキング結果を見る

※回答者のコメントは原文ママです

【おすすめ記事】
今年こそ優勝! M-1グランプリ2021決勝コンビ紹介【決勝経験組】
初決勝が有利? M-1グランプリ2021決勝コンビ紹介【初決勝組】
【M-1グランプリ出番順分析】決勝の何番目に出るのが有利? 最も優勝が多い出番順とは
【M-1グランプリのジンクス】信じるか信じないかはあなた次第? 優勝のジンクス・準優勝のジンクスとは

【関連リンク】
日本トレンドリサーチ
NEXER
プレスリリース

 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応