加護亜依、クリスマスドレスに身を包み、美脚とデコルテを披露! 「無限に可愛いすぎる」

タレントの加護亜依さんは12月22日、自身のInstagramを更新。クリスマス仕様の鮮やかなドレスに身を包み、美脚と美しいデコルテを披露しています。コメントでは加護さんの「かわいさ」や「美脚」に注目が集まっています。

タレントの加護亜依さんは12月22日、自身のInstagramを更新。クリスマス仕様の鮮やかなドレスに身を包み、美脚と美しいデコルテを披露しています。
 

「無限に可愛いすぎる」


加護さんは「It’s almost Christmas」とつづり、独特なクリスマス仕様のドレス姿の写真を3枚載せています。外側は赤色で内側は緑色のクリスマスカラーの膝上丈のミニスカートをはき、上はデコルテが見える黒の衣装で、プレゼントをイメージしたのか頭には大きな金色のリボンが飾られています。一目見て「クリスマス」だと分かる手の込んだ衣装です。

コメントでは、「めちゃ可愛い」「そして美脚」「無限に可愛いすぎる」と加護さんのかわいさと美脚に注目が集まっています。3枚とも違うポーズで納まっている加護さんは、なんだかマリリン・モンローさんの姿を思い起こさせます。とてもキュートでかわいらしい加護さんのクリスマス仕様の姿は、もっと見てみたいですね。


次ページ:加護亜依さんのかわいい姿をもっと見る


【おすすめ記事】
加護亜依、短パン美脚ショット披露でファン歓喜「ホント脚キレイ」「やっぱ加護ちゃんやわ」
加護亜依、海で“セクシー美脚”な水着姿を披露!「足なっがっ」「めっちゃセクシー」
加護亜依、デニムのミニ丈ワンピで息子と温泉へ! 「2人とも可愛すぎ」「ママには見えない」
熊田曜子、ラブホテルでの撮影の舞台裏を披露! “今までにない顔や表情”の写真に「めっちゃセクシー」
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    港区女子は、なぜここまで嫌われる? 自活する女性から「おごられ」「パパ活」の代名詞になった変遷

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応