200円で爆売れ! ローソンストア100「ウインナー弁当」が発売までに10年かかった理由

2021年のヒット商品といえば、何を思い浮かべますか? All About編集部では、年末企画「2021年に売れた人気商品」と題して、編集部が選んだ注目商品を紹介しています。今回は、ローソンストア100の「おかずは1つだけ弁当」です。

ローソンストア100「おかずは1つだけ弁当」。左が第1弾の「ウインナー弁当」、右が第2弾の「ミートボール弁当」


2021年のヒット商品といえば、何を思い浮かべますか? All About編集部では、年末企画「2021年に売れた人気商品」と題して、編集部が選んだ注目商品を紹介しています。今回は、ローソンストア100の「おかずは1つだけ弁当」です。
 

ローソンストア100「おかずは1つだけ弁当」とは?

本当におかずは1種類だけ。2021年6月に登場した「ウインナー弁当」は、200円(税別)で5本のウインナーと白いごはんだけのシンプルなお弁当ながら、おいしいと話題になりました。11月には第2弾の「ミートボール弁当」も登場。今後の展開も期待されています。
 

そんな「おかずは1つだけ弁当」ですが、ローソンストア100によると、1人の社員の熱意により10年の年月をかけて開発した商品なのだそう。その社員が、運営部長の林弘昭さんです。今回は林さんに「おかずは1つだけ弁当」の開発秘話や今後の展開について聞いてみました。
 

ローソンストア100 運営本部 関東第二運営部 部長の林弘昭さん

 

「ウインナー弁当」の開発に10年かかった理由は


――どのようなキッカケで「おかずは1つだけ弁当」のアイデアを思いついたのでしょうか。

 毎日店舗でお客さまの動向をチェックしていた中で、「好きなおかずだけを思う存分食べたい!」という人が必ずいると思いました。お弁当のおかずの定番といえば卵焼き、からあげ、ウインナーなど。ウインナーはお弁当に必ず入っていますが「主役」ではないですよね。
 

 また、からあげ弁当はあるけどウィンナー弁当はない。そこで、「ウインナーを主役にしたお弁当を作りたい!」と考えました。
 

 通常、お弁当を商品化する際、ある程度見た目なども考慮した上で開発するのですが、「ウインナーだけでは顔にならない」「見た目のバランスが悪い」などの理由で発売できずに10年が経過しました。
 

 ですが、お客さまには間違いなく支持があるはず! という熱い思いは変わらず、カップ麺や冷やし麺と一緒に買うお弁当として、必ずニーズがあると考えていました。
 

――開発にあたり難しかった点やこだわったポイントはありますか?

 ウインナー弁当はウインナー1品勝負のお弁当ですので、ウインナーそのもののおいしさにこだわりました。商品開発担当者が10種類ほどのウインナーから食べ比べて検討し、いぶし材にリンゴの木を使っている香りの良いウインナーに決定しました。豚肉がメインで、鶏肉も入っています。
 

 当初、塩こしょうでの味付けが提案されましたが、私(林)の希望で、ウインナーにはケチャップをかけました。
 

「おかずは1つだけ弁当」第1弾の「ウインナー弁当」


 ミートボール弁当は、食べ応えのある肉肉しいミートボールを選びました。メインは鶏肉です。実際に召し上がったお客さまからは「まるでハンバーグみたい」という声もSNSで上がっています。
 

 甘酢あん、ケチャップ味なども検討しましたが、どこか懐かしさを感じるデミグラスソースに決定しました。どちらも国産米使用、ごはんにはゴマをかけています。
 

 お弁当には、ごはんとおかずの間に「バラン」という緑色の仕切りを入れることが多いですが、ウインナー弁当、ミートボール弁当どちらもバランは使っていません。お弁当のふたもプラスチックではなくラップです。
 

 無駄なコストを極力省き、その分中身の充実、おいしさにお金をかけています。
 

――200円という価格設定には何か狙いがあったのでしょうか?

 「いろいろ組み合わせてもワンコインでおさまるように」という考えから、価格は「200円」にこだわりました。
 

 ウインナーまたはミートボール弁当(200円)+カップ麺(100円)+サラダ(100円)+ドリンク(100円)の組み合わせで税別約500円、ワンコインでランチメニューが作れます。
 

 ドリンクをデザートに変更したり、カップめんを春雨スープにしたり、サラダを焼き芋(100円)にしたり……組み合わせは自由自在で、ワンコインで楽しめます。


――ウインナー弁当、ミートボール弁当の開発時、保留になったメニューはありますか?
 

「おかずは1つだけ弁当」第2弾の「ミートボール弁当」


 まだ社内でも公表していないので秘密ですが、頭の中には10種類ぐらい、すでに構想があります。現在は商品開発担当者と打ち合わせを重ねている段階です。
 

――発売後の反響や、予想外の反応などはありましたか?

 実際に購入した方からは「こういうのでいいんだよ」「こういうお弁当を待ってた」という声が多く、好きなおかずだけのシンプルなお弁当を支持する方が想像以上に多いことに驚きました。
 

 ウインナー弁当は、ウインナーの味が高評価です。ミートボール弁当も食べ応えがあると評価いただき、また具材が転がらないように入れているパスタとデミグラスソースの相性も良いと言っていただいています。
 

 ウインナー弁当は、マヨネーズをかけたり、七味をかけたり、SNSではいろいろと味変をして楽しむ方々の投稿がありました。ミートボール弁当はミートボールが6個入っていますので、最初の3つはノーマルにデミグラスソースで食べて、次の3つはマヨ&七味で味変をしてもおいしいと思います。やってみたらデミグラスソースとマヨネーズが意外と合いますよ。


――ありがとうございました。

 「おかずは1つだけ弁当」の気になる第3弾は、林さんによると現時点では「まだ秘密」。2022年に発売予定とのことです。次回作も楽しみですね。



【おすすめ記事】
ローソン、税込216円の「ウインナー弁当」を1都6県で発売! おかずはウインナーだけ!
ローソンストア100、税込216円の「ミートボール弁当」を発売! 超シンプル弁当の第2弾
ローソンの新たな冬の定番商品に「焼きいも」が選ばれた理由とは? 開発担当者を直撃!
売れすぎヒット商品「生ジョッキ缶」はどんなキッカケで誕生したの? アサヒビール担当者を直撃!
ファミチキ越えのヒット商品「クリスピーチキン」はカリッと食感が命!? ファミマ担当者が語る開発秘話

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    港区女子は、なぜここまで嫌われる? 自活する女性から「おごられ」「パパ活」の代名詞になった変遷

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応