ビジネスメディア・Biz Hitsを運営するビズヒッツは、転職経験のある看護師に「転職理由」についてのアンケートを実施し、その結果をランキング形式で発表しました。

調査は、転職経験のある看護師202人(女性177人/男性25人)を対象に、10月2~21日の期間、インターネット上で行われたものです。

※アンケートは複数回答にて実施
 

第3位:夜勤がツライ(28人)

看護師=夜勤というイメージがありますが、夜勤の厳しさを理由に転職した人は、全体の1割以上という結果となりました。「月9回夜勤があり、体調を崩した」「生活リズムが狂ってしまったから」など、体や生活をリセットするために転職した人が多いようです。結婚や出産を機に、家族と過ごす時間を長く取れる勤務スタイルに変えたという意見も。体調やワークライフバランスを保てる働き方にシフトしていくようです。
 

第2位:人間関係への不満(35人)

どの組織でも転職理由に挙げられる人間関係が2位にランクイン。「仲間内のいざこざに巻き込まれた」「人間関係のトラブルで体調を壊した」など、人間関係そのものだけでなく、体調に影響を及ぼすパターンも。「先輩と合わなかった」「派遣職員だったとき、常勤看護師とぶつかった」と、近い存在の看護師と合わずに転職した人もいるようです。ただ転職時の面接でこれらをストレートに伝えてしまうと、心証が悪くなる可能性もあるので要注意を。
 

第1位:転居のため(38人)

僅差で1位となったのは、「家族の転勤」や「結婚」「地元へのUターン」による転居でした。マイホームを購入し、通勤時間に時間がかかるようになったため、転職をした人もいるようです。さまざまな場所にある病院が活躍の場となる看護師は、転居先でも比較的職場を見つけやすいといえます。やむを得ない転居の場合は、転職理由をそのまま伝えても、相手に悪印象を与えることはないでしょう。
 

4位以下に入った項目は……?

4位以下は、収入面や労働条件への不満が目立つ中、「希望の診療科で働くため」という理由もランクイン。学びたい分野や病気があるにもかかわらず、なかなか希望が通らないため、転職を決断した人も多いようです。現在の職場や仕事内容に満足していない看護師の人は、いま一度立ち止まってみて、自身の希望に合った働き方を実現できる職場を見つけてくださいね。


>7位までの全ランキング結果を見る

※回答者のコメントは原文ママです

【おすすめ記事】
看護師の数が最も多い国はあの国だった 日本は先進国の中でどのくらい…?
3回目のコロナワクチン接種が決定。 看護師636人に聞いた「おすすめコロナワクチン接種会場」は?
女性が「生まれ変わったらなりたい職業」ランキング! 3位「キャビンアテンダント」、2位「看護師」、1位は……?
飲食業界から転職した職種ランキング! 3位「営業職」、2位「接客・販売職」、1位は?


【関連リンク】
Biz Hits