榮倉奈々、“まるで孔雀の羽根のよう”な個性的ドレスでデコルテあわらに! 「何を着ても似合ってしまう」

俳優の榮倉奈々さんは12月7日、自身のInstagramを更新。デコルテがあらわになったドレス姿を披露しました。個性的なドレスでも格好良く着こなしてしまう榮倉さんに、称賛の声が多数上がっています。

俳優の榮倉奈々さんは12月7日、自身のInstagramを更新。デコルテがあらわになったドレス姿を披露しました。
 

「素敵綺麗ショット」


榮倉さんは、ターコイズブルーの個性的なドレスに身を包み、こちらを見つめ写真に納まっています。ドレスはスカートの部分が細かく束になり盛り上がっています。今まで見たことないような大胆なデザインです。ドレスについて、「まるで孔雀の羽根のようで…」と表現する声が上がっています。

他にも、「素敵綺麗ショット」「ななさんカッコいい!いつみても素敵です」「かっこいい~何を着ても似合ってしまうって羨ましい~」と、どんな個性的な衣装でも格好良く着こなしてしまう榮倉さんに称賛の声が多数上がっています。


次ページ:榮倉奈々さんの格好良いモデル写真をもっと見る


【おすすめ記事】
榮倉奈々、DIORに身を包み“強めな女性”ファッションを披露! 「浜崎あゆみさんかと思いました」
榮倉奈々、純白ドレスからのぞかせた美脚に「女神降臨」の声
仲村トオル&鷲尾いさ子夫妻の長女・美緒、8頭身全身コーデを披露! 落ち葉が舞う中での秋らしい写真も
浅田舞、“美しい目の保養”写真を披露! デコルテあらわで「めっちゃ色っぽいし、横顔も綺麗すぎます」

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」