話題の「ラニーニャ」と「エルニーニョ」どう違う?過去には“ゴジラ”エルニーニョで大暖冬も

現在、日本に厳しい寒さをもたらすとされるラニーニャ現象の発生が話題になっています。ラニーニャ現象とは反対に、ペルー沖の海面水温が平年より高くなるエルニーニョ現象も世界の気象に大きく影響します。日本の天候にどう変化を及ぼすのか解説します。

「ラニーニャ現象」と「エルニーニョ現象」はどう違う?

2021年の冬は、世界の気象に大きな影響をもたらす「ラニーニャ現象」が発生していることが話題になっています。ラニーニャ現象によって、日本付近には寒気が流れ込みやすくなる傾向があるため、西・東日本を中心に寒さが厳しくなると予想されています。ラニーニャ現象は南米・ペルー付近の海面水温が平年より低い状態が続くことですが、一方で、この海域の海面水温が平年より高い状態になることを「エルニーニョ現象」といいます。エルニーニョ現象もまた、日本をはじめ世界の気象に大きな変化を及ぼします。
 
通常、太平洋の赤道付近では「貿易風」とよばれる東風が吹くため、暖かい海水は太平洋の西部に吹き寄せられています。その一方で東部では海の深い部分から冷たい水が湧き上がります。つまり、海面水温は西部で高く、東部で低くなっているのです。

【平常時】
平常時の太平洋熱帯域  出典:気象庁ホームページ
平常時の太平洋熱帯域 出典:気象庁ホームページ

しかし、貿易風が何らかの影響で弱くなると、西部に溜まっていた暖かい海水が東へ広がり、東部での冷たい海水の湧き上がりも抑えられます。こうして、太平洋東部のペルー沖の海面水温が平年より高くなる状態がエルニーニョ現象です。

【エルニーニョ現象時】

エルニーニョ現象発生時の太平洋熱帯域 出典:気象庁ホームページ
エルニーニョ現象発生時の太平洋熱帯域 出典:気象庁ホームページ

 

「エルニーニョ現象」発生時、日本の夏は冷夏になりやすい⁉

エルニーニョ現象が発生すると、日本では冷夏になりやすいといわれています。過去のエルニーニョ現象発生時の夏の気温は、統計的に北日本や西日本で低くなっています。これは、日本に夏の暑さや晴天をもたらす太平洋高気圧の張り出しが弱まるためです。通常の年は、インドネシアやフィリピン付近の暖かい海上で上昇気流が発生しやすく、積乱雲の発達も活発になります。その上昇流は、やがて日本など中緯度地域で下降気流となり、太平洋高気圧の勢力を強めるのです。しかし、エルニーニョ現象が発生するとき、太平洋西部にあたるフィリピン付近の海面水温は平年より低くなり、この海域での対流活動は抑えられます。上昇気流の発生が弱まるため、太平洋高気圧も発達しづらくなり、日本は冷夏になりやすいのです。 

エルニーニョ現象の天候への影響 出典:気象庁ホームページ
エルニーニョ現象の天候への影響 出典:気象庁ホームページ

 

過去には「ゴジラエルニーニョ」で大暖冬に

また、エルニーニョ現象は長期間続く現象であるため、夏以外の季節にも天候に変化を及ぼすことがあります。冬にエルニーニョ現象が発生しているときには、日本では暖冬になりやすいといえます。先述の通り、エルニーニョ現象発生時は、フィリピン付近の海面水温が低くなるため、上昇気流が起こりにくく、この付近は高気圧に覆われやすくなります。すると、偏西風が中国大陸南部でいったん南に下がり、日本付近では平年より北へずれて吹くようになります。偏西風に沿って、日本には南から暖かい空気が流れ込みやすくなり、冬の気温が高くなるのです。 
エルニーニョ現象時 冬は日本付近で偏西風は平年より北へ
エルニーニョ現象時 冬は日本付近で偏西風は平年より北へ
2014年夏~2016年春にかけて2年弱続いたエルニーニョ現象は、気象庁が統計を取っている1949年以降で最も長く続いたものになり、「ゴジラエルニーニョ」や「スーパーエルニーニョ」などとよばれました。日本では、2015年の年末から2016年の年始にかけて、記録的な暖冬になりました。日本海側でも雪の降る量が少なく、スキー場の雪不足が問題になった地域もありました。豪雪地帯として知られる新潟県津南町では、例年なら2月中旬には積雪が2~3メートルになりますが、2016年の2月は積雪が1メートル前後しかありませんでした。
暖冬によりスキー場で雪不足が問題に
2015年の年末から2016年の年始にかけての記録的な暖冬では、スキー場の雪不足も……

 

「エルニーニョ現象」は世界中に異常気象を及ぼすおそれも

エルニーニョ現象やラニーニャ現象は世界規模で海や大気に影響を及ぼし、異常気象を多発させるおそれがあります。たとえば、エルニーニョ現象が発生すると、東アジア一帯が少雨、高温となるほか、オーストラリアでは干ばつが起こることが知られています。近年は地球温暖化の影響も加わり、これまで以上に気候変動が深刻な問題になっています。私たちには激甚化する気象災害と向き合い、少しでも気候変動を食い止めるための対策が求められています。


【おすすめ記事】
「ラニーニャ現象」発生で日本はどうなる?今シーズンの冬は寒さと大雪に警戒
日本列島に活火山はいくつある?阿蘇山、海底火山、頻発する「噴火」への備え
秋は「竜巻」の季節というけれど…日本のどこで発生する?「つむじ風」と何が違う?
「かなとこ雲」が出現したら要注意! 見逃してはいけないゲリラ豪雨の“予兆”
雨の日=湿度100パーセントではない?湿度0パーセントはありえる?

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化