ビズヒッツは12月3日、「フリーターからの就職に役立った資格」についての調査結果を発表。フリーターから資格を生かして就職した経験がある男女212人を対象にアンケート調査を行い、実際に多かった資格をランキング形式でまとめました。

本記事では、TOP3と回答者のコメントを紹介します。
 

第2位(同率):介護職員初任者研修(12人)

2位は、同率で、「介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級も含む)」と「医療事務」がランクイン。

「介護職員初任者研修」の回答者コメントでは、「応募求人で必須だったから」や「必須ではないが優先的に採用されるから」といった声が目立ちました。資格を取ったメリットとして、姿勢が評価され人間関係構築に役立ったという経験談もあったようです。
 

第2位(同率):医療事務(12人)

「医療事務」の回答でも、「介護職員初任者研修」と同様、必須条件だったり、資格があると優遇されるといったコメントが寄せられているほか、「スクールで資格を取ると、就職先を斡旋してもらえるシステムだった」といった内容もありました。
 

第1位:簿記(25人)

1位は、「簿記」でした。

2位と2倍の差をつけた「簿記」ですが、回答者のコメントでは、「実務経験がなくても2級を取得していれば可という企業が多かった」や「会計事務所の求人に応募するための必須資格だった」といった声が多く寄せられています。

また「簿記2級以上から」という条件の会社でも、「3級保持で有利になった」という回答も複数あった模様。「選考でアピールできるのは2級から」という定説がありますが、実際には3級からでも評価されるようです。



>次ページ:8位までのランキング結果



【おすすめ記事】
女性が「転職で役立たなかったと思う資格」 2位「英検」を抑えた圧倒的1位は?
男女500人が「独学で取得した資格」ランキング! 「FP」「語学系資格」を抑えた1位は?
「あったら嬉しい福利厚生」ランキング! 「旅行・レジャーの優待」「特別休暇」を抑えた1位は?
転職経験者のうち25%が「転職回数5回以上」、転職理由で最も多かったのは?

【関連リンク】
プレスリリース
ビズヒッツ