吉高由里子、始球式の大暴投を振り返り「晒してしまった」「またリベンジできたらしたいな」

女優の吉高由里子さんが、11月22日に自身のTwitterを更新。11月21日に務めた日本シリーズ第2戦の始球式を振り返りました。大暴投に終わってしまった登板に「ポンコツ始球式ですみませんでした」と謝罪投稿をして話題になっています。

女優の吉高由里子さんが、11月22日に自身のTwitterを更新。11月21日に務めた日本シリーズ第2戦の始球式を振り返り、大暴投に終わってしまった登板に「ポンコツ始球式ですみませんでした」と謝罪投稿をして話題になっています。
 

大暴投始球式振り返り「ポンコツ始球式ですみませんでした」


11月21日の日本シリーズ第2戦の始球式を、冠スポンサー「三井住友銀行(SMBC)」のイメージキャラクターとして務めた吉高さん。
 

投稿では「三井住友銀行(SMBC)」のイメージカラーである緑色の特別なユニフォーム姿の写真とともに、「ポンコツ始球式ですみませんでした」とつづり始め、「晒してしまった」と反省の気持ちを明かしています。「腕と背中が意味わからん筋肉痛でした」と慣れない投球に奮闘した様子と「改めて野球選手ってすごいですね」と尊敬の気持ちを伝えました。
 

「またリベンジできたらしたいな」とリベンジに意欲を見せた吉高さんに「お疲れ様でした」「バリ可愛かったです!バリ美しい始球式でした!」などねぎらう言葉が投球時の写真とともに多く集まりました。


>吉高由里子さんのその他の投稿を見る




【おすすめ記事】
「面白すぎ」「ジワる」 近藤春菜と吉高由里子の仲良しコント動画に反響
ドラマ『最愛』吉高由里子&松下洸平、仲良し2ショット 「お二人ともお茶目でかわいい〜」
指原莉乃、ミスド「ピカチュウドーナツ」を食べる姿に「やばっ」「あざとかわいい」
木村沙織が大胆なイメチェンショットを披露「イメージガラッと変わった」「広瀬すずかと思った」

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    港区女子は、なぜここまで嫌われる? 自活する女性から「おごられ」「パパ活」の代名詞になった変遷

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応