旅行で訪れたい都道府県ランキング! 「旅の醍醐味が全て揃う」圧倒的1位は?

All Aboutでは、全国の男女368人に「旅行で訪れたい都道府県」を聞きました。寺社仏閣や観光名所にあふれ、外国人観光客からも人気の高い「京都」、美しい海や豊かな自然に癒される「沖縄」を抑えた圧倒的1位は?

All About編集部は、全国の10~60代の男女を対象に「2021年秋冬の旅行」に関する独自アンケート調査を実施しました。今回は、368人が選んだ「旅行で訪れたい都道府県」ランキングを発表します!
 

第3位:京都府/61票

旅行で訪れたい都道府県3位:京都府
世界遺産に登録されている「清水寺」、縁結びで有名な「地主神社」、立ち並ぶ鳥居が幻想的な「伏見稲荷大社」など、数多くの名所が集中している京都。寺社仏閣だけでなく、おしゃれなカフェやお店が多く、日々新しい文化を発信している京都の街を巡るのも京都旅行の醍醐味(だいごみ)ですね。

回答者からは、「綺麗な景色を眺めながらゆっくりとしたいです。サスペンスドラマなどに出てきて子供のころから川床でご飯を食べることが夢(20代未回答)」「三十三間堂など、観光地を心ゆくまで巡りたいです(30代女性)」「何度も行った事があるのですが、町並みや食べ物がとてもおいしくて癒されます(40代女性)」などのコメントが寄せられました。

また、「建物が紅葉で更に美しく見えるという、京都でしか見れない風景を見たい(30代女性)」「前から嵐山の紅葉は綺麗ということを聞いていたので、一度ゆっくり行きたい(60代女性)」など時期的に京都の紅葉に関する声も目立ちました。
 

第2位:沖縄県/84票

旅行で訪れたい都道府県2位:沖縄県
きれいな海や豊かな自然に囲まれて、非日常が味わえることで人気の高い沖縄。今回のアンケート調査では、巨大なジンベエザメやナンヨウマンタが見られる「沖縄美ら海(ちゅらうみ)水族館」やダイビングやシュノーケリングなど、思い切りビーチを満喫したい人にも人気の「石垣島」についてのコメントが目立ちました。

回答者からは、「星砂の浜、美ら海水族館、きれいな海で泳ぎたい(30代女性)」「石垣島でダイビング(20代女性)」「少しでも南国気分を味わいたいです(30代女性)」などの声が上がりました。

また、「沖縄独特のゆっくりした時間の流れ方が好きで、何もせずゆっくりと羽を伸ばしたい(30代男性)」「ただ行って商店街とかふらふら散歩したい(20代女性)」「陶芸に興味があるのでやちむんの里に行きたい(60代女性)」などのコメントも寄せられました。
 

第1位:北海道/142票

旅行で訪れたい都道府県1位:北海道
エリア別に分けても、とても数日では回り切れないほどの観光スポットにあふれている北海道。今回の調査では、北海道全域に共通するコメントに加えて、特に札幌、小樽、旭山動物園に関する声が多く上がりました。

回答者からは、「本場の味噌ラーメンとジンギスカン料理をサッポロビールで食べてみたい(60代男性)」「小樽運河で夜景の散策と撮影を楽しみたい(30代男性)」「動物が好きだから、旭山動物園に一度行ってみたい(50代女性)」「トマムで雲海を観る、北の国からの撮影スポットを巡る(40代女性)」などの声が集まりました。

また、「雄大な自然、新鮮で美味しい海の幸や野菜、温泉……旅の醍醐味が全て揃う(40代女性)」「ふかふかの新雪でスキーをしたい。そしてその後温泉に入りたい(40代女性)」「グルメも気になるが、これからの季節、さっぽろ雪まつりも見てみたい(40代女性)」などのコメントも寄せられました。

>46位までの全ランキング結果を見る


※回答者のコメントは原文ママです

【おすすめ記事】
368人が選ぶ「紅葉スポット」おすすめ3選! 「毎回感動」「圧巻のスケール」の名所とは?
2021年おすすめ「紅葉スポット」8選! 11~12月が見頃の絶景名所はここ
一緒に紅葉を見に行きたい女性芸能人ランキング! 2位「山村紅葉」「石田ゆり子」、1位は?
500人に聞いた!コロナが終息したら旅行に行きたい場所ランキング 3位は東京都 2位は沖縄県 1位は…

 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    港区女子は、なぜここまで嫌われる? 自活する女性から「おごられ」「パパ活」の代名詞になった変遷

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応