久世福商店・サンクゼールが「久世福2022冬福袋」を発売! 12月4日から

久世福商店・サンクゼールから「久世福2022冬福袋」が発売になります。毎年人気になる福袋で、「久世福2022冬福袋」もアイテムが充実しています。しかも「久世福2022冬福袋」の中には届くまで何か分からないお楽しみ商品も。販売が楽しみです!

久世福商店・サンクゼールから「久世福2022冬福袋」が発売に(画像は久世福商店・サンクゼール 公式オンラインショップより。以下同)


久世福商店・サンクゼールから「久世福2022冬福袋」が発売になります。毎年人気になる福袋で、「久世福2022冬福袋」もアイテムが充実しています。福袋の中には、届くまで何か分からないお楽しみ商品も。販売が楽しみです! 
 

「久世福2022冬福袋」の発売はいつ? どこで買える?

「久世福2022冬福袋」は、12月4日10:00~久世福商店・サンクゼール公式オンラインショップ限定で販売されます。予約販売ではなく、順次配送されます。
 

福袋は全部で3種類。気になる中身を確認していきましょう。
 

久世福2022冬福袋「梅」

『久世福2022冬福袋 「梅」』


久世福商店の2021年のベストヒットアイテム9点が詰まっているのが『久世福2022冬福袋「梅」』です。その中身は以下の通り。
  • 大人のしゃけしゃけめんたい
  • 海苔バター
  • あんバター
  • いちごミルクの素
  • 塩バナナチップス
  • 風味豊かな万能だし
  • 風味豊かな万能野菜だし
  • 油で揚げないだしえびせん
  • 何が入っているかは届いてからのお楽しみの商品1品


通常よりも857円お得になって4200円(税込、以下同)で販売されます。1500個の数量限定。送料は無料です。1人につき5個までとなっています。
 

久世福2022冬福袋 「竹」

『久世福2022冬福袋 「竹」』

久世福商店の定番人気商品に隠れた名品を加えた合計11品の福袋が『久世福2022冬福袋「竹」』です。内容は以下の通り。
  • 風味豊かな万能だし
  • 大人のしゃけしゃけめんたい
  • いぶりがっこタルタル
  • 梅なめ茸
  • 卵ボーロ
  • あおさ海苔佃煮
  • バナナミルクの素
  • 蜜自慢かりんとう
  • 檸檬サワーの素
  • ひと鍋で二度おいしい しゃぶしゃぶとなべ 鯛塩生姜
  • 何が入っているかは届いてからのお楽しみの商品1品


通常より1951円お得になり、価格は6000円です。1200個の数量限定で、送料は無料です。
 

久世福・サンクゼール2022冬福袋 「松」

『久世福・サンクゼール2022冬福袋 「松」』

久世福商店とサンクゼールのいいとこどりをしたのが『久世福・サンクゼール2022冬福袋「松」』。内容もかなり充実しています。
  • 檸檬サワーの素
  • 飯綱シードルふじ・高坂(ワイン)
  • ナイアガラブラン(ワイン)
  • 風味豊かな国産うずらの味付けたまご
  • 渡り蟹のトマトクリームソース
  • 4種のチーズ&ベーコン
  • 大人のしゃけしゃけめんたい
  • ゴロゴロほぐし焼鯖
  • 贅沢梅なめ茸
  • ひと鍋で二度おいしい しゃぶしゃぶとなべ 海鮮チゲ
  • 二段仕込み染みおでん
  • 風味豊かな万能だし 30P
  • いちごミルクの素


合計13品で、通常よりも3149円お得になっています。300個の数量限定で、価格は1万円。送料は無料です。
 

久世福2022冬福袋は、いずれも1人につき5点まで購入可能です。のし、ラッピング、化粧箱詰めは不可。数量限定なので、在庫がなくなり次第終了となります。繰り返しになりますが、発売は12月4日10:00です。気になる方は要チェックですね。



【おすすめ記事】
カルディの2022年「福袋」はオンライン限定も含め全5種! 気になる中身は……?
無印の「2022年福缶」がネットストアでの抽選販売に! 応募は11月18日から
「スタバの福袋2022」は、オンラインでの抽選販売に。エントリーは11月8日から
ドトールの新春限定セット「初荷2022」が発売! 11月11日から店頭にて受付開始
ゴディバの「2022年福袋」は全6種! 販売期間や気になる中身は?


【関連リンク】
・久世福商店・サンクゼール

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」