高島屋が「190万円」のグランピング福袋を発売! 1月2日に抽選受付を開始

高島屋は、2022年1月2日の初売りで「運べる建築空間 ZERO POD」福袋を販売します。人気のグランピングを、どこでも手軽にラグジュアリーに楽しめるようにと企画された福袋。限定3台の抽選販売となり、価格は1台あたり190万円(税込)となっています。

高島屋は、2022年1月2日の初売りで「運べる建築空間  ZERO POD(ゼロポッド)」福袋を販売します。密を避けるレジャーとして人気のグランピングを、どこでも手軽にラグジュアリーに楽しめるようにと企画された“マイグランピング福袋”。限定3台の抽選販売となり、価格は1台あたり190万円(税込)となっています。
 

自然を傷つけない“運べる建築”でサステナブルリゾートを実現

2021年度「日本空間デザイン賞」を受賞

創業190周年を迎える高島屋が2022年の初売りの目玉企画として販売する、こちらの福袋。福袋の商品となる「運べる建築 ZERO POD」は建築家が開発した、直径約2.9mの柔らかな高床空間が特徴(耐荷重350kg)。特許取得の高脚構造により、芝生や庭はもちろん、斜面、岩場、凹凸のある場所でも設営が可能な、場所を選ばない「全地形対応」となっています。
 
高床の快適なラグジュアリー空間

ログハウスなどとは異なり、造成工事や基礎工事などの整地が不要。ロープを通したり、ペグを打ったりする必要もないため、自然環境を傷つけずに設営することができます。さらに、折りたたみ機能によって、1人でも約5分で設営・撤去できる簡単構造。ゴルフバッグに収納して、持ち運びも簡単です(収納時総重量約23kg)。
 
中央には木製テーブル付き

内部は、大人5人がくつろげるサイズの空間が広がります。中央には、クルーザーのキャンピングをイメージしたラグジュアリーな木製テーブルも。結露しにくい二重ルーフのほか、窓には虫の侵入を防ぎ、外部の視線を遮る網戸が付いていますが、開放的な眺望もしっかりと楽しめるようになっています。
 
日が暮れても、網戸付き窓のおかげで虫が侵入する心配なし


「運べる建築 ZERO POD」福袋の抽選販売の応募受付は、2022年1月2日から高島屋日本橋店および公式ホームページで開始されます。当選者には2022年1月中旬までに連絡、納品予定は2022年3月下旬を予定。


【おすすめ記事】
カルディの2022年「福袋」はオンライン限定も含め全5種! 気になる中身は……?
無印の「2022年福缶」がネットストアでの抽選販売に! 応募は11月18日から
「スタバの福袋2022」は、オンラインでの抽選販売に。エントリーは11月8日から
コメダ珈琲店の「福袋2022」予約開始! 「ノリタケ」とのコラボアイテムやコーヒーチケットなどが入った豪華版
ゴディバの「2022年福袋」は全6種! 販売期間や気になる中身は?


【関連リンク】
プレスリリース

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応