コメダ珈琲店の「福袋2022」予約開始! 「ノリタケ」とのコラボアイテムやコーヒーチケットなどが入った豪華版

毎年売り切れ続出「コメダの福袋」の予約が始まっています。2022年の福袋のコンセプトは、「おうちで華やかな新年を」。気になる中身は……?

「コメダの福袋2022」(画像はコメダ珈琲店のWebサイト「さんかく屋根の下」より)

毎年売り切れ続出の「コメダの福袋」。2022年版の予約がスタートしました! 2022年の福袋のコンセプトは、「おうちで華やかな新年を」。洋食器ブランド「ノリタケ」とのコラボレーションアイテムやオリジナルパッケージのコメダのコーヒー、抽選で豪華景品が当たる「コメ宝(ダカラ)くじ」付きのスナックチケットが詰まった豪華版です。
 

価格は7000円と5000円(いずれも税込)の2種類があります。気になる中身をチェックしていきましょう。
 

コメ宝くじ付き「2022年コメダの福袋」、気になる中身は?

「コメ宝くじ付き『2022年コメダの福袋』7000円」

7000円の福袋「コメ宝くじ付き『2022年コメダの福袋』7000円」には、「ノリタケコラボトートバッグ(横37cm×高さ24cm×マチ約12cm)」のほか、「ノリタケコラボマグカップ(口径8.5cm×高さ8.7cm×容量約290ml)」「ノリタケコラボプレート(直径18cm)」「オリジナルブレンド粉(200g)」「お伊勢さんの和紅茶(7パック入)」「コーヒーチケット1冊(つづり枚数はお店によって異なります)」「コメ宝くじ付き新春スナックチケット4枚綴り」が入っています。チケットの利用期限は2022年3月31日まで。
 
「コメ宝くじ付き『2022年コメダの福袋』5000円」


5000円の福袋「コメ宝くじ付き『2022年コメダの福袋』5000円」の中身は、「ノリタケコラボトートバッグ(横34×高さ22cm×マチ約12cm)」「ノリタケコラボ豆皿2枚組(直径9.5cm)」「コどら」「マヌカハニーアーモンド」「福袋オリジナルドリップコーヒー(5杯分)」「コーヒーチケット1冊(つづり枚数は店舗によって異なります)」「コメ宝くじ付き新春スナックチケット3枚綴り」。チケットの利用期限は同じく2022年3月31日までです。
 

コーヒーチケット、新春スナックチケットは購入店のみ有効です。また、換金はできません。
 

「コメ宝くじ」の商品は?

2022年も新春スナックチケットの表紙に記載されている6桁の数字を使って「コメ宝くじ」が行われ、総勢1000名にオリジナル商品が当たります。当選発表は2022年1月20日。コメダ公式ホームページ、「さんかく屋根の下」のページ、または店頭にて発表予定とのことです。景品は以下の通り。
 

1等賞(5名)

  • ノリタケ オマージュ コレクション コーヒーカップ&ソーサ―(雲母金彩花文)ペアセット
2等賞(各10名)は以下のいずれか1種類
  • ノリタケ オマージュ コレクション18cmクーププレート(雲母金彩花文)2枚セット
  • 2022年特別デザインKOMECA(5000円分ポイントチャージ)
3等賞(975名)
  • 2022年特別デザインKOMECA(500円分ポイントチャージ)
 

コメ宝くじ付き「2022年コメダの福袋」の予約受付期間は?

「2022年コメダの福袋」予約受付は、11月1日から順次開始されています。全国の「コメダ珈琲店」店舗で受け付けていますが、販売・予約受付の有無、開始・終了日などは店舗によって異なります。数量限定なので、なくなり次第終了です。
 

コメ宝くじ付き「2022年コメダの福袋」の販売期間は2022年1月1日から1月6日まで。支払いは現金のみです。店舗により取り扱いのない場合や、一方だけを取り扱う場合もあります。


毎年話題になる福袋なので、気になる方は早めに予約をしておくと安心ですね。


【おすすめ記事】
カルディの2022年「福袋」抽選受付は11月7日まで! 気になる中身は……?
「スタバの福袋2022」は、オンラインでの抽選販売に。エントリーは11月8日から
コメダ珈琲の「エッグサンド」を自宅で再現! テイクアウトした山食パンでふわふわ感はでる?
モスバーガー、リラックマのマグ付き「リラックマセット」を数量限定で販売
ケンタッキーがクリスマスの予約受付を開始! お得な「早割り」も


【関連リンク】
さんかく屋根の下

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」