吉野家、牛丼並盛などを値上げ 「価格維持困難」で

10月29日、吉野家は牛丼並盛などを含む価格改定を発表。昨今の急激な輸入の価格高騰および原油の影響とのことです。

10月29日、吉野家は牛丼並盛などを含む価格改定を発表。昨今の急激な輸入の価格高騰および原油の影響と同社は回答しています。
 

吉野家、10月29日より一部商品を価格改定へ

 

牛丼並盛は39円増

牛丼並盛は税込387円→税込426円(39円増)。丼サイズ(牛丼、牛カルビ丼、豚丼)を特盛に変更の場合は、税込706円→税込778円(72円増)。超特盛への変更は税込805円→税込899円(94円増)。朝牛セット小盛は税込437円→税込481円(44円増)となります。

 

プレスリリースより


今回の値上げについて吉野家は、「穀物肥育の北米産牛肉を提供しており、これまで原材料の安定と価格維持に努めてきたが、自社努力だけでは現在価格の維持が困難な状況となった。検討を重ねた結果、品質維持と安定した商品提供のためやむなく一部商品の価格改定に踏み切った」とコメントしています。

 

【おすすめ記事】
・吉野家の「牛すき鍋膳」をテイクアウトして「ああ、失敗したな」と思ってしまった2つのこと
・くら寿司と『鬼滅の刃』のコラボがまたまた開始! 計6弾にわたるファン必見のグッズやメニューが盛りだくさん
・ハンバーガーの「肉だけ」食べたい人へ! バーガーキングが自慢のパティを期間限定発売
・びっくりドンキー、白米を低糖質な「カリフラワーライス」に変更可能に! プラス110円で
・【230円もお得!!】ケンタッキー、オリジナルチキン5ピース「1000円パック」販売


【関連リンク】
プレスリリース

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在