吉野家の「牛すき鍋膳」をテイクアウトして「ああ、失敗したな」と思ってしまった2つのこと

吉野家で「牛すき鍋膳」が販売されています。2013年以降毎年リピート率が高く人気のメニュー。テイクアウトしてみたのですが、後悔したことが……。

吉野家「牛すき鍋膳」の「牛すき鍋」(画像は全て筆者撮影)


吉野家は10月21日から、「牛すき鍋膳」を販売中。2013年以降毎年リピート率が高い人気商品で、筆者も楽しみにしています。今回はテイクアウトしてみたのですが、家に帰ってから後悔したことが2つありました。それは……。実食レポとともにお届けします。
 

テイクアウト「牛すき御膳」はご飯と生卵のセット

テイクアウトした吉野家の「牛すき御膳」


テイクアウトの「牛すき鍋膳」は、ご飯と生卵がセットになっています(店舗で食べる場合にはさらに漬物が付きます)。それぞれテイクアウト用の容器に入っています。容器は簡易的ですが、ふたがしっかり閉まるので、多少傾いても汁がこぼれることはありませんでした。
 

野菜はたっぷり

野菜はたっぷり


「牛すき鍋膳」は1食で半日分の野菜が食べられるので、大量の野菜が入っています。白菜、タマネギ、豆苗、ニンジン、そして絹豆腐ときしめんも煮込まれています。ネギではなく、タマネギが入っていたので、ちょっとびっくりしました。すき焼きのような鍋の場合には、ネギを入れることが多いからです。でも、もともと牛丼にはタマネギが使われていますし、タマネギを使うことで甘みが出てくるのかもしれません。
 

「牛すき鍋膳」を食べてから後悔したこと

「牛すき鍋膳」には、特製すき焼きのたれが使われています。甘みとコクがあるだけではなく、すき焼き肉や野菜の甘みもかなり染み出しています。あまりのおいしさに、つゆだくにしながら食べてしまったので、食べ終わるころには特製すき焼きのたれがほとんどなくなってしまいました。この時点で、「あ!」と思ったことがあります。


■後悔したこと1 できるだけ特製すき焼きのたれを残すべきだった!

特製すき焼きのたれがおいしい

すき焼き肉や野菜の甘みが出ている特製すき焼きのたれなので、できるだけ残すべきでした。ご飯を入れておじやにすればよかったと。テイクアウトで自宅で食べているのだから、鍋に移し替えればおじやができます。


■後悔したこと2 うどんをプラスしても良かった!
 
きしめんは入っているけれど……


「牛すき鍋膳」にはきしめんが入っているのですが、さらにうどんをプラスしても良かったなと感じました。煮込まれたきしめんは甘くてしょっぱい味。さらにうどんを入れて煮込むことで、おいしいうどんが食べられます。うどんは讃岐うどんでも、きしめんでもOK。ただし、特製すき焼きのたれがないと煮込むことができなさそうです。食べる前に、うどんを追加すれば良かったなと後悔しました。
 

今回筆者が購入した「牛すき鍋膳」の価格は、テイクアウトの場合699円(税込)。店内飲食の場合は712円(税込)になりますが、漬物が付き、ご飯増量&おかわりが無料になっています(一部の店舗では実施していません)。また、305円(税込)プラスすると牛肉が2倍盛にできるなど、サービスも豊富です。
 

今ならテイクアウトで10%OFF

10月28日0時~11月7日24時までの期間限定で、鍋膳シリーズがテイクアウト10%OFFになっています。
 

対象メニューは、牛すき鍋膳または単品、あさり豚チゲ御膳または単品、牛鍋ファミリーパック。実施店舗が限られているので、事前に公式サイトでチェックしてくださいね。
 

寒くなってきた今日この頃、「牛すき鍋膳」は温まりますし何よりおいしくておすすめです。テイクアウトの場合には、おじやを作ること、うどんをプラスすることなども参考にしていただけるとうれしいです。



【おすすめ記事】
おうちで“吉呑み”! 牛皿に合う日本酒「吉野家」とオリジナルお猪口のギフトBOXが新発売
吉野家で人気の“丼メニュー”ランキング! 1位は定番の「牛丼」、2位は?
すき家の丼メニュー人気ランキングTOP10 1位はもちろん「牛丼」!2位、3位の気になる結果は……?
「一番好きなステーキチェーン」ランキング! 2位「ステーキ宮」、1位は……?
広島県産のカキが「かつや」で食べられる! 秋の海鮮を贅沢に味わえる「秋の海鮮フライ定食」発売


【関連リンク】
吉野家

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」