スズメとツバメが絶滅危惧種になる可能性も……? 1990年代より大幅に減少と環境省発表

環境省は自然環境保全基礎調査の一環として、全国鳥類繁殖分布調査を過去2回実施。3回目となる今回の調査結果より、スズメとツバメは大幅な減少傾向にあることが分かりました。

スズメ


環境省は、自然環境保全基礎調査の一環として「全国鳥類繁殖分布調査」を実施。その結果、スズメとツバメが大幅な減少傾向にあることが分かりました。
 

絶滅危惧も懸念される、スズメ・ツバメ

本調査は、全国2344地点、計379種の鳥類について現在の分布状況を明らかにするとともに、過去の調査結果との比較により、繁殖鳥類の分布変化を把握することを目的に実施。
 

過去2回実施しており、3回目となる今回は、2016~2021年にかけて調査。前回調査から約20年ぶりとなります。
 

調査の結果、減少した種としてスズメ・ツバメ・ゴイサギやトビなど15種が挙げられました。

出典:環境省の発表資料より


表の通り、中でもスズメ・ツバメは前回の調査時より大幅な減少となりました。スズメは1997~2002年(以下、1990年代査)に3万1159羽確認されたのに対し、2016~2021年(以下、2010年代調査)には2万627羽と1万羽以上減少しています。
 

ツバメは1990年代調査では1万4978羽に対し、2010年代調査では8987羽と、約6000羽の減少結果となりました。
 

特にスズメにおいては1万羽以上の減少となり、農地など開けた場所を利用する種の総個体数が減少傾向にあることが分かりました。
 

本調査結果は今後、生物の多様性保全施策や環境アセスメントなどにおける基礎資料として活用される予定です。

 

【おすすめ記事】
世界で最もブランド価値を持つ企業が決定! 2位「Amazon」、1位は? 気になる日本企業の順位も
塩野義製薬も導入、“週休3日制”に託された未来。いまだ労働時間にこだわる日本企業に未来はあるか
岸田総理、自身のSNS動画でも衆議院解散の理由を説明「直接、皆さまにお伝えしたい」
「ワクチンを打ったので帰省したい」の回答も…… 2021年の年末年始の過ごし方を700人に調査!
コロナ禍の引っ越し、考慮事項1位は「通勤時間」 2位以降は関東と関西で大きく異なる結果に

【関連リンク】
プレスリリース

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた