「この企業に勤める人と結婚したい」ランキング! 3位「トヨタ自動車」、2位「国家公務員」、1位は?

リスクモンスターは全国の20〜59歳の男女に対し、「結婚相手に求める理想像」について調査を実施。11回目となる本調査では、「結婚したい相手の職業」や「年収」、「結婚相手の勤める職場に対して重視するポイント」などをランキング形式で発表しました。

リスクモンスターは10月14日、11回目となる「この企業に勤める人と結婚したいランキング」を発表。全国の20~59歳の男女800人を対象に、結婚したい職業や年収、重視するポイントといった「結婚相手に求める理想像」について調査を実施しランキング形式でまとめました。
 

結婚相手に求める職業ランキング! 民間企業1位は「トヨタ自動車」、TOP2は?

「この企業に勤める人と結婚したいランキング」TOP3は、以下の通りです。


・1位:地方公務員(28.6%)
・2位:国家公務員(25.6%)
・3位:トヨタ自動車(7.3%)

前回(第10回)に引き続き、公務員がTOP2にランクイン。初めて地方公務員が国家公務員を上回り、1位を獲得しています。3位のトヨタ自動車は、公務員を除いた民間企業のランキングでは9回連続で1位に選ばれています。
 

「結婚相手に求める職業」男女間で上位に違いはなし

「この企業に勤める人と結婚したいランキング」を男女別で比較したところ、1~4位まで同様の結果となっています。1位「地方公務員(男性27.3%・女性30%)」、2位「国家公務員(男性22.3%・女性29%)」、3位「トヨタ自動車(男性6.5%・女性8%)」、4位「任天堂)男性6.0%・女性7.3%)」。
 

5位以下を比較すると男女間で違いがみられ、男性回答者は航空運輸業や鉄道業、女性回答者は商社や飲食料品製造業を選択する傾向にあるようです。
 

パートナーが勤める企業に求めるポイント! 1位「給与額」、2位「雇用形態」

「結婚相手の勤める企業に対して重視するポイント」では、

・1位:給与額(男性40%・女性64%)
・2位:雇用形態(男性36.3%・女性53.5%)
・3位:社員を大切にする(男性25%・女性36.3%)

男女共に1~3位まで同様の結果です。前回に引き続き約2人に1人が「給与額」を選び、2位「雇用形態」と続きます。変化があったのは3位の結果で、前回は「福利厚生」でしたが、今回は「社員を大切にする」がランクインしています。
 

「結婚相手に求める年収」は400〜600万円以上!男女間で違いも

「結婚相手に望む最低年収」、全体のランキングでは、

1位:500万円以上(18.6%)
2位:600万円以上(13.5%)
3位:400万円以上(9.9%)

400万以上~600万円以上に回答が集まっています(合計42%)。男女別では回答が分かれており、男性1位は「500万円以上(12.3%)」、2位「300万円以上(10.5%)」、女性1位は「500万円以上(25%)」、2位「600万円以上(17.3%)」という結果に。

また「年収は気にしない」では、男性が45%だったのに対し女性は19%。男女間でパートナーへ求める理想像に違いが見られる結果となっています。

>次ページ:90位までのランキング結果

【おすすめ記事】
女性が「仕事を辞めてもいい」と思える結婚相手の平均年収、2位「800~1000万円」、1位は?
未婚男性に聞いた「結婚するならこんな相手がいい」! 2位「長時間一緒にいて苦にならない」、1位は?
1万5000人調査「ボーナスが高い職種ランキング」! 年間平均「177.1万円」の1位職種は……?
「月収25万円で出社勤務」VS「月収18万円でテレワーク勤務」5.6倍の大差で勝ったのは? 

【関連リンク】
プレスリリース
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応