『呪術廻戦』アニメ第1期で好きな回ランキング! 第1話の「両面宿儺」を抑えた1位は?

12月24日に劇場版アニメ『呪術廻戦 0』の公開が決定している、大人気漫画『呪術廻戦』。All About独自アンケート調査による、2021年3月に放送が終了した『呪術廻戦』のアニメ第1期で好きな回ランキングを発表します!(画像出典:Amazon)

『週刊少年ジャンプ』で連載中の大人気漫画『呪術廻戦』。2021年3月にアニメ第1期の放送が終わり、12月24日の劇場版『呪術廻戦 0』の公開を心待ちにしている人も多いはず。All About編集部は、10~60代の男女105人を対象に『呪術廻戦』に関する独自調査を実施。今回は、『呪術廻戦』アニメ第1期で好きな回ランキングを発表します!

(画像出典:Amazon
 

第3位:第7話「急襲」/12票

特級呪霊・漏瑚(じょうご)と五条悟(ごじょうさとる)の戦闘シーン、さらに、五条悟が目隠しを取った素顔が見られる貴重な回。五条悟ファンが「神回」と仰ぐだけでなく、この回を見て五条悟のファンになったという人も多いようです。

回答者からは、「五条悟の素顔が見れる神回なので(38歳女性)」「五条悟の領域展開が見事に映像化されていたからです。MAPPAの仕事に敬意を表します(39歳男性)」「あの伝説のシーン『無量空処』、五条悟の御尊顔が拝める回。漫画とアニメの作画が違くて、あのシーンで一気に五条悟が好きになった。あれはズルい。今でもあの時の衝撃が忘れられない。何回も繰り返し見た! (29歳女性)」などのコメントが寄せられました。

さらに、「漏瑚との戦闘シーンですらふざけるところ。なのにしっかり強い(24歳女性)」「アニメ版においてはこの話が一番五条悟の強さが描かれているため(34歳男性)」「五条の強さがわかる回だから(38歳男性)」などの声が見られるように、五条悟の圧倒的な強さを実感できた回でもあったようです。
 

第2位:第1話「両面宿儺」/15票

両親に代わって育ててくれた祖父を亡くし、天涯孤独の身となってしまった主人公・虎杖悠仁(いたどりゆうじ)。しんみりムードもつかの間、虎杖に特級呪物「両面宿儺(りょうめんすくな)」が受肉し、しかも千年に1度の逸材だった、という衝撃の展開が初回から繰り広げられます。

回答者からは、「意外なことばかりでとても驚いたから(20歳男性)」「最初に見た時の面白さ、新鮮さが印象に残っているから(34歳女性)」「同じ人の中で人格が変わるという衝撃的な内容だったため(21歳女性)」などの声が見られました。

さらに、「最初の後先考えずに指を食べてしまう虎杖が印象的だったから(20歳男性)」「虎杖の身体能力の高さ、本来人間ではできないようなの身体能力を持っていて、生身で呪術に立ち向かう強さをもともと持っている主人公、そのキャラクターが面白かった。五条悟のカッコよさ、ここぞの登場その流れが、王道で見ている人の心をくすぐるような表現だった(34歳男性)」など、初回ですでに虎杖悠仁や五条悟の魅力に心を奪われた人も多いようです。
 

第1位:第19話「黒閃」/19票

見どころは、圧倒的な戦闘力を持つ特級呪霊・花御(はなみ)を前に繰り出した、虎杖の必殺技「黒閃」。回答者からも「虎杖が進化した瞬間の描写が好き(21歳男性)」「虎杖が黒閃を何度も連発している異次元さが好きだからです(20歳女性)」「悠仁が黒閃を出す瞬間がかっこいい。しかも1発ではなく、複数回出しているところが素晴らしいから(19歳男性)」という声が多く見られました。

さらに、「主人公である虎杖が東堂によって呪術師としてワンランク上の世界へ踏み込む、その成長が見どころだから(29歳男性)」「今までウザさの象徴のように描かれていた『マイブラザー』に対して、虎杖が『サンキューソーマッチ! ベストフレンド! 』と返し、その後シンクロするシーンがシュールなのに熱いから(28歳男性)」「東堂と虎杖のやりとりが楽しくライバルなのに協力して成長していくのが感動しました(35歳女性)」「狗巻棘が花御に対して呪言を使うシーンがかっこいい(24歳女性)」などのコメントが寄せられました。

>17位までの全ランキング結果を見る

※回答者のコメントは原文ママです

【おすすめ記事】
『呪術廻戦』の「虎杖悠仁/両面宿儺」を演じてほしい芸能人! 2位の横浜流星を抑えた1位は?
『呪術廻戦』の「五条悟」を演じてほしい芸能人! 2位の吉沢亮を抑えた1位は?
「高専は実在する学校です」Twitterで広がる『呪術廻戦』二次創作に高専関係者が困惑、解決策は
TVアニメ「呪術廻戦」VS「鬼滅の刃」、視聴率が高かったのはどっち? 2大アニメの視聴率を比較!

 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化