住まいの調査研究機関「SUUMOリサーチセンター」は10月5日、「2021年住み続けたい街(自治体/駅)ランキング」を発表。関東圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県)の各自治体に住む約30万人に対し「今住んでいる街に住み続けたいか」に関する実態調査を実施。街の魅力35項目などをアンケートで尋ね、ランキングにしました。

本記事では、「住み続けたい自治体ランキング」から神奈川県の上位TOP3を紹介します。
 

第3位:三浦郡葉山町

3位は、「三浦郡葉山町」でした。相模湾に面する人口約3万人ほどの町で湘南エリアでも人気を集めています。丘陵地の多い地形ともあって、高級住宅地としても発展している地域です。
 

日本ヨット発祥の地として有名で、ヨットやボート、シュノーケルなどのマリンスポーツが楽しめます。
 

第2位:横浜市西区

2位は、横浜市の「西区」でした。中区や南区、神奈川区と隣接しており、中でも西区は商業の中心地となっているエリアです。横浜駅周辺から中区までまたがる「みなとみらい21」には、有名な「横浜ランドマークタワー」をはじめ、パシフィコ横浜などオフィスビルが建ち並びます。

また、100種類以上の動物を展示する「野毛山動物公園」や「横浜アンパンパンこどもミュージアム」といった子どもも楽しめるスポットも。
 

第1位:逗子市

神奈川県で住み続けたい自治体1位は、「逗子市」でした。神奈川県西南部の藤沢市や鎌倉市と並ぶ人気のエリアで、海と山の両方を楽しめる自然豊かな住環境が魅力。
 

街の魅力TOP5には「自然が豊富(山や海、森、川など)」のほか、新型コロナの影響で郊外への移住が注目されており「メディアによく取り上げられて有名である」といった項目もランクイン。個性的なパン屋やカフェが魅力で、移住者が新しい店をオープンしているケースも増えてきています。

>次ページ:10位までのランキング結果

【おすすめ記事】
神奈川県民が選ぶ「街の幸福度」ランキング! 3位「逗子市」、2位「横浜市青葉区」、1位は?
【国勢調査2020】神奈川県で人口が増えたのは? 3位「横浜市西区」、2位「川崎市中原区」、1位は…
神奈川県民が選ぶ「住み続けたい駅」ランキング! 3位「本鵠沼駅」、2位「鵠沼海岸駅」、1位は?
神奈川県の住みここちランキング! 3位「横浜市青葉区」、2位「横浜市西区」、1位はやはり…!

【関連リンク】
プレスリリース