ランキング情報サイト「gooランキング」は、「もう一度見たいNHK大河ドラマ」を調査、ランキング化しました。『青天を衝(つ)け』で60作目を迎えたNHK大河ドラマですが、未だに人気が高いのは、どの作品だったのでしょうか? 有効回答数は3906件。
 

2位:『新選組!』

2位に選ばれたのは、2004年に放送された『新選組!』。人気脚本家・三谷幸喜が手掛けた初の大河ドラマとして話題になった本作は、幕末期に活躍した浪士集団「新選組」の栄枯盛衰を組長・近藤勇を主人公に描いた名作です。主役の近藤勇を元SMAPの香取慎吾、若き天才剣士・沖田総司を藤原竜也が演じるなど豪華なキャスト陣でも話題になりました。
 

1位:『義経』

1位に輝いたのは、当時22歳の最年少で大河ドラマ単独主役にタッキーこと滝沢秀明が抜擢された、『義経』(2005年放送)。平安時代末期を舞台に活躍した源義経の、幼少期から非業の死までを描いた本作は、義経の従者・武蔵坊弁慶役を松平健が演じ、何かと伝説的逸話の多い義経の生涯を体当たりで描いたことでも話題になりました。
 

>3位までの全ランキング結果を見る


※調査期間:2020年10月22日~11月05日


【おすすめ記事】
大河ドラマに主演した人気タレントランキング! 3位「堺雅人」2位「松本潤」、1位は?
若い世代が憧れる大河ドラマの主人公ランキング!2位は「渋沢栄一/吉沢亮」、栄光の1位に輝いたのは?
1万円札になって欲しい有名人ランキング! 2位の「福沢諭吉」を抑え、1位に輝いた“偉人”とは?
「最終回が納得できなかった夏ドラマ」ランキング! 3位「TOKYO MER〜走る緊急救命室〜」、2位「彼女はキレイだった」、1位は?


【関連リンク】
プレスリリース