住まいの調査研究機関「SUUMOリサーチセンター」は10月5日、「2021年住み続けたい街(自治体/駅)ランキング」を発表。関東圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県)の各自治体に住む約30万人に対し「今住んでいる街に住み続けたいか」に関する実態調査を実施。街の魅力35項目などをアンケートで尋ね、ランキングにしました。

本記事では、「住み続けたい自治体ランキング」から千葉県の上位TOP3を紹介します。
 

第3位:千葉市美浜区

3位は、千葉市の「美浜区」がランクイン。「いなげの浜」や「検見川の浜」を擁する「稲毛海浜公園」を中心に、整備の行き届いた都会的な街です。海水浴やマリンスポーツを楽しむ人で賑わうほか、「幕張メッセ」や「ZOZOマリンスタジアム」といった大型施設でもイベントが盛んに開催されています。
 

第2位:印西市

2位は、「印西市」でした。千葉県北西部に位置する人口10万人前後の市です。JR成田線や成田空港線などが利用可能で都心部まで約30分と好立地。「千葉ニュータウン」の開発が進んでおり、閑静な住宅街が魅力です。

また、自然も豊かな街で、「県立印旛沼公園」や「北総花の丘公園」といったスポットも充実。河川を船で遊覧できるイベントも人気があります。
 

第1位:浦安市

1位に選ばれたのは「浦安市」でした。県北西部に位置する「東京ディズニーリゾート」で有名な街です。地域の約半分〜4分の3は埋立地として開発。日本有数のお出かけスポットでもあります。

地元住民にとってはベッドタウンとして人気のあるエリアで、東京メトロ東西線やJR京葉線、武蔵野線、ディズニーリゾートラインなどが利用可能。東京駅までは20分程度で行き来できます。元町エリアでは、歴史的な建造物や古い街並みが見られ、独特な雰囲気が魅力です。

>次ページ:10位までのランキング結果

【おすすめ記事】
千葉の名所と聞いて思いつく場所は? 1位はもちろん「ディズニーリゾート」では2位は…?
千葉県の人気駅ランキング! 3位「津田沼駅」、2位「本八幡駅」、1位は2年連続で…
【国勢調査2020】千葉県で人口が増えた市区町村 3位「習志野市」、2位「印西市」、1位は?
【国勢調査2020】千葉県で人口が減った市区町村 3位「勝浦市」、2位「長南町」、1位は…

【関連リンク】
プレスリリース