住まいの調査研究機関「SUUMOリサーチセンター」は10月5日、「2021年住み続けたい街(自治体/駅)ランキング」を発表。関東圏(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県)の各自治体に住む約30万人に対し「今住んでいる街に住み続けたいか」に関する実態調査を実施。街の魅力35項目などをアンケートで尋ね、ランキングにしました。

本記事では、「住み続けたい自治体・ライフステージ別ランキング」から「夫婦(子どもなし)」世帯の上位TOP3を紹介します。
 

第3位:三浦郡葉山町(神奈川県)

3位は、神奈川県三浦郡の「葉山町」でした。程よい規模の街並みの中に海や山といった自然を感じられる場所です。
 

第2位:浦安市(千葉県)

2位は、千葉県の「浦安市」でした。東京ディズニーランドのイメージを持つ人も多いかもしれませんが、「豊受神社」や「清瀧神社」、「大蓮寺」といった歴史的建造物も点在し、レトロな一面もあります。
 

駅周辺は街灯も多く、千葉県警や地元団体のパトロールカーが住宅地まで定期的に巡回しており、治安の良さも魅力な街です。
 

第1位:逗子市(神奈川県)

1位は、神奈川県の「逗子市」でした。3位の「葉山町」のちょうど北側にあるエリアで、豊かな自然と雰囲気の良い街並みが魅力。海水浴場を中心に、1年中イベントが開催されており、地元住民同士の交流も盛んなため顔見知りも多いようです。
 

街の魅力を見ると、「地域に顔見知りや知り合いができやすい」や「街の住民がその街のことを好きそう」、「自然が豊富(山や海、森、川など)」といった項目が目立ちます。また、新型コロナの影響での郊外への引越し需要から、メディアに取り上げられることも多く、移住者が増えているそうです。

>次ページ:10位までのランキング結果

【おすすめ記事】
首都圏の「街の幸福度」ランキング! 3位「東京都中央区」、2位は「横浜市都筑区」、1位は?
千葉県の住みここちランキング! 3位「千葉市美浜区」、2位「印西市」、1位は…?
神奈川県民が選ぶ「街の幸福度」ランキング! 3位「逗子市」、2位「横浜市青葉区」、1位は?
東京メトロ「乗降人員ランキング」下位3駅のうち2駅は「南北線」に納得なワケ

【関連リンク】
プレスリリース