多忙中毒・無限SNSから逃れ人生を変える4ステップの凄テク時間ワザ【時間術大全】

『時間術大全』(ジェイク・ナップ、ジョン・ゼラツキー 著、ダイヤモンド社)について紹介しています。著者は、それぞれGoogle・Youtubeに勤めていたプロフェッショナル。人が時間を費やすサービスを構築したからこそわかる、革新的な時間術を教えてくれます。

世界的ベストセラーの書籍『時間術大全 人生が本当に変わる「87の時間ワザ」』(ジェイク・ナップ、ジョン・ゼラツキー 著、ダイヤモンド社)について紹介します。原題は"Make Time"です。

著者は、それぞれGoogle・YouTubeに勤めていたプロフェッショナル。人が時間を費やすサービスを構築してきたからこそわかる、時間を生み出す方法を教えてくれます。

忙しい日々を送っており、好きなことをする時間がない人におすすめの書籍です。
 
画像:Amazonより
 

忙しさの原因は「多忙中毒」と「無限の泉」

「多忙中毒」とは、残業などの多忙な状態をよしとする傾向のこと。「無限の泉」とは、SNS・メール・ネット動画などの気を散らす存在です。これらは、生活のデフォルトになっています。

スマホの初期設定のように、自分で変更しない限りそのままの状態です。意志力や生産性を高めても、変えようがありません。そこで、次に説明する4ステップが悪循環を断つのに役立ちます。
 

時間をつくるための「4ステップ」

時間を生み出すための4ステップは、「ハイライト(ステップ1)」、「レーザー(ステップ2)」、「チャージ(ステップ3)」、「チューニング(ステップ4)」です。

まずその日に優先すべきこと、つまりハイライトを決めます。次に、レーザー光線のようにハイライトに一点集中。そして集中力を高めるために、脳にエネルギーをチャージします。最後に1日の反省としてメモをとり、チューニング。この流れを毎日繰り返すことで、時間が生まれていきます。
 

「4ステップ」の具体的な方法

■ステップ1・ハイライト
ハイライトは、長期的すぎず単調ではない目標がベターです。あわせて「急を要するか」「満足感が得られるか」「喜びを感じられるか」といった観点も踏まえて、直感的に決めることが重要だといいます。決まったら、カレンダーやノートにハイライトを書きましょう。

■ステップ2・レーザー
「気が散らないスマホ」が提唱されています。無限の泉である、SNS・ゲーム・ニュース・動画・メールアプリなどをすべて削除。よりライトな方法として、ログアウトや通知オフなども紹介されています。ホーム画面を空っぽにすることも効果的です。

■ステップ3・チャージ
古代人に学ぶことが重要だといわれています。現代のハイテクな生活に、私たちの心身は追いついていないからです。ウォーキングなどの軽い運動や、野菜・果物などを中心とした食生活を送ること。自然に触れ、仲間と過ごすこともチャージになります。

■ステップ4・チューニング
振り返りとして、寝る前に1日の結果をメモします。その内容を、翌日のハイライト・レーザー・チャージに活かしましょう。継続的に記録することで、レーザーやチャージの達成度に変化がみえてきます。

本書では、各ステップの具体的な方法が合わせて87種類も紹介されています。すべてを実践する必要はなく、自分に適したものを選ぶことが大切なようです。自分の生活スタイルに応じて、無理なく取り入れてみてはいかがでしょうか。

【おすすめ記事】
予想どおりに不合理……人間が不合理な行動をしてしまうのはなぜ? 要点を解説!
「勤務時間開始ギリギリまで寝ている」20代女性が最多で64.8%!ビジネスパーソンの「睡眠」実態調査
「有給休暇にしたいこと」ランキング! 3位「掃除・模様替え」2位「ダラダラ過ごす」、1位は?
テレワークで残業時間は減った? 女性60%、男性50%が「変わらない」と回答! テレワークのデメリット1位は……?
社内連絡の電話を「実は迷惑」と感じている人は約半数! 「ペースが乱される」「折り返し面倒」の声も
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • アスリートの育て方

    3万円を手渡し「頑張って来いよ」。破天荒すぎる父が中学生だった元日本代表・城彰二に課した極貧サバイバル生活

  • どうする学校?どうなの保護者?

    いつの時代の話? 「登校付き添い」を求められ、仕事の断念や転校を迫られる母親たち

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望