「爽やかなイメージがあるアスリート」ランキング! 3位「石川祐希」、2位「大谷翔平」、1位は?

博報堂DYメディアパートナーズ、博報堂DYスポーツマーケティング、データスタジアムの3社が行った「アスリートイメージ評価調査」2021年8月調査の回答結果をもとに、「爽やかなアスリート」ランキングの上位3位を紹介します。

博報堂DYメディアパートナーズ、博報堂DYスポーツマーケティング、データスタジアムの3社は、共同でアスリートの総合的なイメージを測定する「アスリートイメージ評価調査」2021年8月調査を行い、その回答結果を発表しました。今回はその中から「爽やかなアスリート」ランキングを紹介します。
 

第3位:石川祐希(バレーボール)


3位は、バレーボールの石川祐希選手。2014年に中央大学に進学し、全日本代表候補入り。イタリアでのプレーも経験し、大学卒業後はプロバレーボール選手として活動している石川選手。2021年には、全日本代表の主将に就任しています。石川選手といえばその爽やかな笑顔が印象的。
 

イケメンの呼び声が高い石川選手ですが、勝負所での強さやサーブ・スパイクフォームの美しさにも定評があります。試合中の迫力と強さ、合間に見せるスポーツマンらしい優しい爽やかな笑顔で、魅力的な選手です。
 

第2位:大谷翔平(野球)


2位にランクインしたのは、世界を沸騰させる大スター、野球の大谷翔平選手でした。ロサンゼルス・エンゼルスに所属し、メジャーリーグ入りしてからますますその頭角を表し、どんどん強くなる大谷選手。体も一段と大きくなり、海外の選手に引けをとりません。
 

そのたくましいボディにそぐわないほど、優しいベビーフェイスで親しみやすく、どんな場面でも笑顔を絶やさない姿勢に、大谷選手の人間性への評価も一段と高まっています。これぞスポーツマンシップ!といえるような、正々堂々と立ち向かうプレイで観客を虜にし、時にはゴミ拾いをする姿なども目撃され、スターになっても謙虚さを忘れない姿勢はアスリートの鏡。爽やかさ満点の選手です。
 

第1位:橋本大輝(体操)


1位に選ばれたのは、体操の橋本大輝選手でした。2021年東京五輪では体操男子団体で銀メダル、男子個人総合で金メダル、種目別鉄棒でも金メダルを獲得。体操男子個人で五輪史上最年少の個人総合覇者となり、一気に注目を集めました。イケメンというにふさわしい、優しげな甘いマスクの橋本選手ですが、インタビューなどで語られる言葉には、思慮深さや誠実さが表れており、弱冠20歳でありながら、すでに人格者であることもうかがえます。

結果(金メダル)だけではなく、そこまで頑張ってきた道のりについても注目してほしい、と話す橋本選手。さらに、人間性や人としてどうあるべきかがスポーツの価値の向上には大切だとも語っています。見た目だけではない、心の爽やさが、時折見せる笑顔に表れているのではないでしょうか。


>5位までの全ランキング結果を見る


【おすすめ記事】
運動神経が良さそうな男性芸能人ランキング! 木村拓哉・岡田准一・佐藤健などを抑えた1位は?
運動神経が良さそうな女性芸能人ランキング! 3位「清野菜名」「みちょぱ」 2位「綾瀬はるか」 1位は?
「知性的なイメージがあるアスリート」ランキング! 3位「稲葉篤紀」、2位「清水希容」、1位は?
「存在感があるアスリート」ランキング! 3位「田中将大」、2位「羽生結弦」 1位は?



【関連リンク】
プレスリリース
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」