「世界で最も多言語翻訳された書籍」が公開! アジア1位は「ノルウェイの森」、世界1位はフランスのあの小説

Preplyが公開した画像「THE MOST TRANSLATED BOOKS OF THE WORLD」によると、世界で最も他言語で翻訳された書籍の1位は「星の王子さま」、2位は「ピノキオの冒険」、アジア1位は村上春樹作「ノルウェイの森」でした。

世界各国の「もっとも他言語で翻訳された書籍」地図


>記事に戻る


【おすすめ記事】
「お金・投資」関連本、20代の売上が2.3倍に! 売れ筋ランキング1位はあの本
巣ごもりで販売冊数が約20%アップ! 2020年に最も売れた書籍ジャンルとは
上半期ドラマ満足度ランキング! 3位『コントが始まる』、2位『俺の家の話』、1位は?
上半期「映画」満足度ランキング! 3位『街の上で』、2位『クルエラ』、1位は?
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    実写映画『アラジン』、アニメ版とはどう違う?作品をさらに魅力的にした「改変ポイント」5つを徹底解説

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】