セブンの「マリトッツォ ストロベリー&ラズベリーソース仕立て」(左)と「どらやきマリトッツォ」(右上)


セブン‐イレブン(以下、セブン)が8月24日に発売した「どらやきマリトッツォ」224円(税込)。東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県限定で販売している商品ですが、一般的なマリトッツォの域を超えたハイブリッドなアイデアに、発売開始直後から話題を集めていました。
 

セブンでは、ブリオッシュ生地に生クリームをたっぷり挟んだ本来の姿であるマリトッツォも販売しています。今回は、その「マリトッツォ ストロベリー&ラズベリーソース仕立て」と「どらやきマリトッツォ」を食べ比べてみました!
 

「どらやきマリトッツォ」はイタリアと日本の伝統菓子が融合したハイブリッドスイーツ

ちまたでは、昨今のマリトッツォ人気にあやかった様々な商品が販売されており、中には生クリーム以外のものでも、たっぷり詰めて見た目を似せれば「マリトッツォ」として販売するような強者も登場するほど。
 

そんな中、セブンが発売した「どらやきマリトッツォ」は、イタリア・ローマの伝統菓子であるマリトッツォと、日本の伝統菓子であるどら焼きを融合させたハイブリッドなスイーツです。
 

どらやきマリトッツォ


生クリーム入りのどら焼きは、以前から広く販売されていましたが、こちらの商品は名前に「マリトッツォ」と付けているだけあり、どら焼きの生地でたっぷりの生クリームとあんこをサンドしているのがひと目で分かります。
 

あんこと生クリームの比率も、まるで生クリームが主役と言わんばかりに、圧倒的に生クリームの量が多いのが特徴的です。
 

マリトッツォのような見た目に仕上げたどら焼き

カットしてみると、扇形にどら焼きの皮を配置し、その間に奥から外側にかけて生クリームがたっぷりと詰まっています。生クリームの下には、控えめに粒あんが敷かれています。
 
生クリームがたっぷり


生クリームの量に圧倒されますが、食べてみると思いのほか軽くて驚き! どら焼きの皮はふわっと軽い口あたりで、生クリームも軽めにホイップされているのかあっさりと感じられます。生クリームとあんこの相性は、言わずもがな抜群。マリトッツォの特徴を上手いこと踏襲した和洋折衷なスイーツといえるでしょう。
 

“正統派マリトッツォ”と比較

一方、「マリトッツォ ストロベリー&ラズベリーソース仕立て」は、言わば正統派の商品。ブリオッシュ生地に生クリームと、ストロベリーとラズベリーを合わせたベリーソースがサンドされています。 
 

マリトッツォ ストロベリー&ラズベリーソース仕立て

カットしてみると、まるで生クリームとベリーソースを挟んだハンバーガーのような見た目!
とは言え、小ぶりのサイズ感から、そこまで罪悪感なく食べられるのではないでしょうか。
 
軽い食感が特徴


香りからジャムパンを連想させます。実際にいただいてみると、味わいもまさに生クリームがたっぷり入ったジャムパンのようです。ブリオッシュ生地がしっとりと軽いので、生クリームの繊細な食感を邪魔しません。こちらも全体的に軽いので、あっという間に食べきってしまいました。
 

正統派のマリトッツォとハイブリッドの進化系マリトッツォということで、比較は完全に個人の好みになるかと思いますが、筆者は「どらやきマリトッツォ」のほうが味や食感にアクセントがあって好みでした。
 

また、カロリーも「どらやきマリトッツォ」が264kcal、「マリトッツォ ストロベリー&ラズベリーソース仕立て」が311kcalと、「どらやきマリトッツォ」のほうが50kcalほど低いので、カロリーを気にしている方にもおすすめかと思います。
 

まだまだ販売範囲が少ない「どらやきマリトッツォ」ですが、見つけた際にはぜひ味わってみてはいかがでしょうか?


【おすすめ記事】
マリトッツォとは?どこで買える?おすすめ店とマリトッツォの特徴まとめ
今大人気の「マリトッツォ」って、本当に美味しいの? 編集部員が競合スイーツ3種を食べ比べしてみた!
コンビニ「マリトッツォ」3種食べ比べ! セブン、ファミマ、ローソン100…個性豊かなマリトッツォの特徴まとめ
ヤマザキから新しい「マリトッツォ」登場! 何が変わったの? 前作とサイズ、クリーム、味など違いを比較