oricon ME(オリコン エムイー)は9月1日、  満足度の高い「ふるさと納税サイト」ランキングを発表しました。調査は、2020年にふるさと納税サイトを利用し、各自治体に寄付をした全国18~84歳の男女2969人を対象にインターネットにより実施。調査対象企業は、複数の自治体のふるさと納税を検索でき、サイトから寄附の申し込みができるWebサイト17社です。
 

2021年 満足度の高い「ふるさと納税サイト」TOP5! 1位は「楽天ふるさと納税」

2021年 満足度の高い『ふるさと納税サイト』総合TOP5!


2021年 満足度の高い「ふるさと納税サイト」ランキング、1位は「楽天ふるさと納税」でした。2019年の調査開始以来、初の総合1位を獲得しました。
 

「楽天ふるさと納税」を実際に利用した人からは、「普段の楽天市場の買い物と同じような申し込み方で、抵抗なく利用できたのが良かった(20代女性)」「ワンストップ(特例制度)などの説明がわかりやすかった(30代女性)」「寄付時に楽天ポイントを入手できる。また、ポイントアップキャンペーンの時にも対応していることや、ポイントを使用して寄付ができる(30代男性)」などのコメントが寄せられました。
 

評価項目別ランキングでは、「手続きのしやすさ」で78.6点の高評価を得ました。また、部門別では男女別「女性」、年代別「30代」「40代」、家族構成別「1人暮らし」、カテゴリー別「魚介」でも1位を獲得しています。
 

返礼品を選んだ理由は「応援消費」が53.5%

返礼品を選んだ理由は「応援消費」は?

「返礼品を選んだ理由」として最も多かったのは、「返礼品に興味があったから」(66.3%)。次いで「コロナ禍で、その地域の生産者の苦境を知ったから」「自治体や生産者のメッセージ・価値観に共感したから」「もともと、その地域・自治体や生産者のファンだったから」「本人または家族(知人)の出身地の生産者だから」「直接関わりはないが、地方経済を回す活動がしたかったから」のいずれかを回答した人を合わせて、「消費を通じて各地域の事業者や生活者を応援したかったから」という“応援消費”を目的とした理由が53.5%を占めました。


【おすすめ記事】
「ふるさと納税」が各地で過去最高額! あらためて知りたいメリット/デメリット
顧客満足度の高い「住宅ローン」ランキング! 2位「auじぶん銀行」、1位は?
「便利なネット銀行1位」8年連続はあの銀行! お金の管理に適した銀行ランキング
「専業主婦率が影響…?」卵の購入数量ランキング3位「堺市」2位「秋田市」1位は意外なあの街


【関連リンク】
プレスリリース