高まる投資熱やキャッシュレスの推進により、現金の管理に一層関心が集まる昨今。最近めっきり現金を触ってないという人もみかけるほどです。では、大切な現金や資産の管理に今最も適している銀行はどこなのでしょうか。

 

満足度調査からみるお金の管理に適した銀行TOP3

調査会社oricon ME(オリコンエムイー)は「ネット銀行」「ネットバンキング」「外貨預金」の利用者を対象に、顧客満足度調査を実施。各部門別のランキングを公開しています。今回は総合ランキングTOP3をみながら、お金の管理に適している銀行を紹介します。
 
銀行利用者の満足度調査
総合ランキング3位までの結果

 

ネット銀行:8度目の総合1位は「住信SBIネット銀行」

ネット銀行部門TOP3は以下の結果に。

1位:住信SBIネット銀行
2位:ソニー銀行
3位:PayPay銀行(旧:ジャパンネット銀行)

住信SBIネット銀行が8度目の総合1位でした。利用者アンケートでは「預金者であれば振り込み手数料無料が3回以上ある」や「取引情報通知をすぐにメールで受け取れる」「電話サポートがスムーズ」といった声があり、他を寄せ付けない圧倒的なサービスの高さが要因となっています。

※「ネット銀行」の定義:店舗を設置せず原則的にネットや電話などを介してサービス提供する銀行
 

ネットバンキング:イオン銀行が3年連続1位

ネットバンキング部門TOP3は見慣れた名前が並びます。

1位:イオン銀行
2位:三菱UFJ銀行
3位:三井住友銀行

大手スーパーイオンで有名なイオン銀行が3年連続で1位に。利用者アンケートでは「イオングループのお店をよく使うので自然とイオン銀行に」や「キャッシュレスチャージもレジですぐにできた」「生活圏内にイオン銀行のATMが多い」といった声が多数。

大手銀行ではなくイオングループ傘下の銀行が健闘する要因は、日常生活との距離の近さにあるようです。

※「ネットバンキング」の定義:インターネットバンキングサービスを提供している銀行。ただしネット専業銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫は除外
 

外貨預金:やはり上位はネットに強い企業が有利か

外貨預金部門TOP3はネット銀行部門とほぼ変わらない結果です。

1位:ソニー銀行
2位:住信SBIネット銀行
3位:PayPay銀行

外貨預金ということで、ネットユーザーや投資家、海外利用者からの評価が順位に影響しているようです。利用者アンケートでは「外貨取引に興味があったが窓口に行くのは気が引ける。ネットでできるのはありがたい」や「海外旅行時に現地でそのまま外貨を引き出せて便利」といった声が目立ちます。日本人には少しハードルが高い「外貨」を手軽に扱える点が高評価です。

※「外貨預金」の定義:窓口かインターネット上、もしくは両方で外貨預金の取引に対応している銀行

現金振り込みや引き出しのためにATMに並んだのも今や昔。年々便利になっていく銀行サービスを上手に活用して、お金の管理も賢く行いたいものです。


>項目別のランキングを見る


【おすすめ記事】
「楽天カード」が2枚目発行可能に!
メルカリ、送料200円で郵便ポストから発送できるシール発売
ポイントがザクザク貯まる!ネット銀行の活用術
ネット銀行の口座開設前に知っておきたいこと!


【関連リンク】
プレスリリース(PR TIMES)