新型コロナウイルスの流行により、引続き外出の自粛や行動の制限が余儀なくされている中、エアトリが20代以上の男女1063名を対象に「旅行好きが好きなエンタメ作品」に関する調査を実施。今回はその調査結果の中から、「旅行に関して影響を受けた映画ランキング」を紹介します。
 

3位はフランス、2位はオーストラリアが舞台の名作

「好きな映画、または旅行に関して影響を受けた映画のタイトルを1つ教えてください」と質問したところ、3位には『ダ・ヴィンチ・コード』(7票)が入りました。

フランスを舞台にしたミステリーサスペンス映画ですが、ルーヴル美術館や最後の晩餐など有名な建造物や芸術作品が多く登場することでも印象に残っている人が多いようです。

2位には『サウンド・オブ・ミュージック』(10票)がランクイン。

オーストリアのザルツブルグを舞台にした名作ミュージカルで、豪奢な建物やアルプスの美しい山々が印象に残っている人が多いようです。
 

『ローマの休日』が断トツの1位! 




そして、影響を受けた映画1位は『ローマの休日』。なんと2位と大きく差をつける34票を獲得し、断トツの1位となりました!

イタリア・ローマを訪れた某国の王女と、新聞記者との切ない恋を描いた名作で、スペイン広場やトレビの泉などローマの観光スポットが多数登場しています。

「劇中の主人公二人がスペイン広場でジェラートを食べるシーンを真似したかったが、現在は飲食禁止となっており残念ながら叶わなかった!」というコメントも寄せられました。

1位から3位まで全てヨーロッパ諸国を舞台にした作品が並んでおり、映画をきっかけに街並みの美しさや芸術作品へ興味を持ち、旅行へ出かけたことがあるという人も多いようです!

【おすすめ記事】
旅行に関して影響を受けたドラマランキング! 2位『冬のソナタ』、1位は?
アン王女の寝室に、記者会見場は実在する!! ローマで「ローマの休日」に浸る!
40~50代女性が好きなドラマランキング! 2位『相棒』シリーズ、1位はあの大ヒットラブストーリー
2021年上半期「映画」満足度ランキング! 3位『街の上で』、2位『クルエラ』、1位は?

【関連リンク】
プレスリリース