「最近気になる自然現象ランキング」TOP10!「ゲリラ豪雨」や「地震」を抑えた1位は?

クロス・マーケティングは全国20~69歳の男女を対象に「環境についての意識に関する調査」を実施。「最近気になっている自然現象」「環境問題に関する危機意識」などを調査しました。

8月に入り、猛暑日や例年の1ヵ月分を超える量の雨が数日間で降り、それに伴う土砂災害など自然現象のニュースが連日報道されています。また、温暖化は人間の影響が原因であるとの報告書をIPCC(※Intergovernmental Panel on Climate Change 国連気候変動に関する政府間パネル)が8月に公表したことも話題になりました。

そこで今回、クロス・マーケティングは全国20~69歳の男女を対象に「環境についての意識に関する調査」を実施(有効回答数1100)。「最近気になっている自然現象」「環境問題に関する危機意識」などを調査しました。
 

いまの環境問題、7割が「危機意識あり」


今回の調査で環境問題に関する危機意識を聞いたところ、「強い危機感を感じている」「危機感を感じている」を合わせて全体の73%が危機意識を持っていることがわかりました。

その意識は男性より女性が高く、また年代が上がるにつれて危機感を感じている割合が高くなる傾向が見えました。
 

最近気になる自然現象の1位は「夏の暑さが年々ひどくなること」


最近気になっている自然現象について聞いたところ、4位から2位は順に「地球温暖化」(34.0%)、「地震」(38.5%)、「ゲリラ豪雨/線状降水帯の発生」(38.6%)とほぼ横ばいに。

1位は「夏の暑さが年々ひどくなること」で全体の4割(42.0%)を超える結果となり、直近で発生した自然現象に高い関心を持っていることがわかりました。
 

環境を守る行動には前向きな姿勢

環境を守る行動についての意識としては、「一人一人が行動をすれば変わっていくと思う」「環境問題に関して、もっと発信や教育がされるべきだと思う」「企業や地方自治体、国レベルでもっと規制を設けるべきだと思う」と前向きな意識がTOP3を占めました。

あなたが近ごろ気になっている自然現象は何ですか? 感染対策に加え、これらの天災に関してもできる限りの対策や行動を心がけましょう。

【おすすめ記事】
台風の「大きさ」はどこでわかる? 意外と知らない「進路予想図」の正しい見方【気象予報士が解説】
「遠くの雷」も実は危険?急変のサインは?落雷から身を守るための「正しい知識」【気象予報士が解説】
「かなとこ雲」が出現したら要注意! 見逃してはいけないゲリラ豪雨の“予兆”【気象予報士が解説】
よーく見ると確かに…歴史に残る「五輪台風」とは?東京五輪の期間中は台風ラッシュの恐れ!?【気象予報士が解説】

【関連リンク】
プレスリリース

 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在