「#大谷翔平」のTwitter出現率調査! Twitter上で最も“沸いた”大谷翔平選手のホームランはいつだった?

40号ソロで本塁打王争いトップを独走中の大谷翔平選手。Twitter上においても、4月から6月にかけて「#大谷翔平」というハッシュタグの出現数が急増しています。ホームラン数とともにTwitter出現数が伸長する「#大谷翔平」のソーシャル反響を探ります。

MLB(メジャーリーグベースボール)ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は、8月18日(日本時間19日)、40号ソロ本塁打を放ち、両リーグを通じて40号一番乗りを果たしました。本塁打王を争うゲレロJr.(ブルージェイズ)に5本差をつけ、独走状態に。4カ月ぶりに投手として出場した試合で本塁打を放ったことで、日米の野球ファンはさらに盛り上がりを見せました。

CINC(シンク)は、2021年6月にTwitterで反響の多かったハッシュタグ(#)トップ100の中から、「#大谷翔平」に関する調査を実施しました。なお調査は、「Twitterの10%のサンプリングデータ」を用い、「Keywordmap for SNS」ツールにて2021年4月1日~2021年7月6日の間に行われたものです。
 

ホームランを打った日の「#大谷翔平」出現数TOP3(4月1日~7月6日)

8月18日(日本時間19日)、ついに40号ソロを放った大谷翔平選手。大量のホームランでTwitterを沸かせている大谷選手ですが、4月1日~7月6日までのホームランの中では、どのホームランのタイミングで多くの「#大谷翔平」が出現したのでしょうか。
 
ホームランを打った日の「#大谷翔平」出現数推移
ホームランを打った日の「#大谷翔平」の出現数の推移の中で、「#大谷翔平」が伸長したタイミングTOP3における、大谷選手の活躍を振り返りましょう。
 
1位:31号ホームランで松井秀喜氏に並ぶ日本人シーズン最多ホームランタイ! (出現数:5万1230)
7月5日(日本時間)には、第2打席で日本人選手歴代最多となるシーズン31号ソロホームラン。このホームランで2004年に当時のヤンキース松井秀喜選手がマークした日本人選手の1シーズンにおけるホームラン数の記録に並びました。

2位:「3戦連続&2打席連続」27、28号ホームランで単独トップ! (出現数:4万5500)
6月30日(日本時間)、第2打席で27号、第3打席で28号と2打席連続ホームラン。3戦連続のホームランは、アメリカンリーグのランキングで単独トップに躍り出ました。

3位:「19号ホームラン」と今季10個目の「盗塁」! (出現数:3万4620)
6月17日(日本時間)は今季3度目の2試合連発となる19号本ホームランを記録。さらに第3打席ではバント安打を決め、今季10個目となる盗塁にも成功しました。
 

「#大谷翔平」が6月のハッシュタグ出現数で上位にランクイン!

「#大谷翔平」の出現数、6月は5月の7倍!
大谷翔平選手が大活躍する様子は連日大きく取り上げられています。Twitter上でも、4月から6月にかけて「#大谷翔平」というハッシュタグの出現数が急増。6月においては、5月と比較して7倍に伸長しています。

大谷選手のホームラン数は4月に7本、5月に8本、6月は13本と、月間のホームラン数を次々と伸ばしており、その活躍と連動してTwitter上でのハッシュタグの出現数が伸長しているようです。
 

ホームランを打った日は「#大谷翔平」出現数が2倍に増加

大谷翔平選手が打者として試合に出場し、ホームランを打った日とホームランを打たなかった日の「#大谷翔平」の出現数を比較すると、平均して2倍以上もの差があることがわかりました。驚異的なペースでホームランを打ち続ける、大谷選手。今後の活躍に、さらに期待が高まります!

【おすすめ記事】
エンゼルス「大谷翔平」選手の今後の活躍は? 算命学で解き明かす
大谷翔平、エンゼルスへ…目標通りの大リーグ入りが叶った理由
高校生が好きなスポーツ選手ランキング!「大坂なおみ」「羽生結弦」を抑えた1位は?
20~30代に聞いた、結婚したい男性アスリートTOP3! 3位「羽生結弦」、2位「内田篤人」、1位は?

【関連リンク】
プレスリリース
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」