TikTokで人気が再燃! ”ツツイスト”がおすすめする「はじめての筒井康隆」3選

TikTokをきっかけに人気が再燃! 筒井康隆の実験的小説『残像に口紅を』がAmazonでベストセラー1位となるほどの大きな話題に。これを機に読み始めたいという人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、おすすめの筒井康隆作品3選をご紹介します。

筒井康隆氏(画像は早川書房公式noteより)

 

2018年には初の大規模展覧会も開催(写真は筆者撮影)

 

『富豪刑事』(新潮文庫、画像はAmazonより)

 

『薬菜飯店』(新潮文庫、画像はAmazonより)


 

『パプリカ』(新潮文庫、画像はAmazonより)


<記事に戻る

【おすすめ記事】
東大生が子どもの頃に読んだ本は? 5人に1人が回答したジャンルは「地図」と「国旗」の本だった
将棋ガイドも“まいりました”、思わず唸る推理小説9選
「中学受験」に読書はやっぱり有利? 難関中学に合格した子たちはこんな本&漫画を読んでいた!
短編小説! 日本や海外の文豪の魅力を学べるおすすめ作品20選

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    スパイ映画は『007』だけじゃない。荒唐無稽?それともリアル?魅力にあふれたスパイ映画6作を選出

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】