東京2020で観戦した競技ランキング! 3位「サッカー」、2位「卓球」、1位は? オールアバウト独自調査

8月8日に閉会式を終えた「東京2020」について、オールアバウトでは独自アンケート調査 を実施! 実に33競技339種目が行われた「東京2020」の中で、観戦したとの回答が多かった競技ランキングを発表します。

8月8日に閉会式を終えた「東京2020」について、オールアバウトでは独自アンケート調査
を実施! 男女285人から回答を得ました。実に、33競技339種目が行われた「東京2020」の中で、観戦したとの回答が多かった競技ランキングを発表します。 
 

東京2020で観戦した競技ランキングTOP5! 1位は「野球・ソフトボール」

東京2020で観戦した競技ランキングTOP5 ※複数回答
 「東京2020」をテレビやネット配信などで観戦した245人のうち、最も観戦したと回答した人が多かった競技は「野球・ソフトボール」(139人)。2位は僅差で「卓球」(134人)、3位が「サッカー」(121人)でした。
 

1位:「野球・ソフトボール」(139人)

まずは、「野球」。準決勝では宿敵・韓国戦を制し、決勝戦ではアメリカに2対0で勝利。37年ぶりの悲願の金メダルを獲得しました。全試合で8回以降に得点する、最後まで諦めない強さや堅い守備、侍ジャパンの強い結束力に心を打たれました。表彰式では、競技者ではないためメダルが貰えない稲葉監督に菊池涼介選手が自分の金メダルをかけたシーンに、「ありがとう!侍ジャパン!」と感じた人も多いことでしょう。

そして、「ソフトボール」。2008年北京大会での悲願の金メダル獲得後、五輪競技から除外され、今回の追加種目としての復活で「2大会連続の金メダル獲得」を果たしました。北京大会でもエースとして日本チームを金メダルへ導いた上野由岐子投手は「競技生活の集大成」として、絶対的エースの存在感を示しました。
 

2位:「卓球」(134人)

数々のドラマを生み出した「卓球」ですが、まず日本を沸かせたのは、日本勢初となる金メダルを獲得した水谷隼選手と伊藤美誠選手の混合ダブルスでした。男子団体では銅メダル、女子団体は銀メダル、女子シングルでは伊藤美誠選手が銅メダルを獲得しました。銅メダルを獲得しても悔し涙を流す伊藤選手の強さや男子団体で張本選手、丹羽選手が先輩・水谷選手のメガネを拭く献身的な姿など、SNS上でもなにかと話題をさらいました。
 

3位:「サッカー」(121人)

「史上最強」との呼び声が高いメンバーで臨んだサッカー男子は、2012年のロンドン大会に続き、ベスト4まで進出。53年ぶりのメダル獲得を目前に控えて臨んだ準決勝のスペイン戦では惜しくも敗れ、4位で2020東京大会の幕を下ろしました。試合終了後、久保建英選手が大粒の涙を流しながら「今までサッカーをやってきて、こんな悔しいことはないです」と語る姿に、悔しさと感動で日本中が揺れました。

女子サッカー「なでしこジャパン」は、準々決勝で世界ランキング5位の強敵スウェーデンと対戦。攻撃を封じることができず、1対3で敗れました。試合終了後、「世界一を追いかける重圧は並大抵ではなかったと思う。選手たちはよく戦った」と選手たちをねぎらう高倉麻子監督の言葉に、「再び世界一」の目標に向かう「なでしこジャパン」の強さを感じられたのではないでしょうか。

【おすすめ記事】
【東京五輪】海外のネット上で話題の日本選手は? コンビニグルメにハマる海外記者が続出?
“編み物王子”金メダリストの英国トム・デイリー選手、ついに「五輪カーディガン」が完成!
東京五輪、海外選手の「アリガトウ」動画が話題に 海外42選手がメッセージ
女子バスケ代表「日本バスケ史上初」の五輪銀メダルを獲得! 『SLAM DUNK』作者・井上雄彦さんも絵文字で祝福
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『名探偵コナン 黒鉄の魚影』が、物語の「制約」を灰原哀の「居場所」へ昇華させた傑作である5つの理由