崎陽軒「あのときのシウマイ弁当」を9月5日まで限定発売!「あのとき」っていつ?

崎陽軒では、1964年の「あのとき」に思いを馳せて当時のおかずを再現した「あのときのシウマイ弁当」を2021年7月22日~9月5日までの期間限定で販売中。シウマイは4個で、「豚天」が入っていました。掛け紙も当時のデザインをモチーフにした特別仕様です。

崎陽軒では、1964年の「あのとき」に思いを馳せて当時のおかずを再現した「あのときのシウマイ弁当」を2021年7月22日~9月5日までの期間限定で販売中。現在のおかずとの違いを比較してみました(提供画像以外はすべて筆者撮影)。

 

「あのときのシウマイ弁当」の「あのとき」っていつ?

あのときのシウマイ弁当(税込830円)
あのときのシウマイ弁当(税込830円)


掛け紙には「1964.10.10」のスタンプが刻印されています。「あのとき」とは1964年10月10日。前回の東京五輪の開会式が行われた日なのでしょうか……?
 

現在のシウマイ弁当(税込860円)
現在のシウマイ弁当(税込860円)(画像提供:崎陽軒)


掛け紙のデザインも当時のものを再現。このころに、現在もおなじみの龍と水晶玉のデザインに変わったとのことです。色は現在よりも黄色味が強く、横浜ランドマークタワーや横浜ベイブリッジなどはまだ描かれていません。

 

1964年当時、シウマイは5個ではなく4個だった!

昔ながらのシウマイは当時4個だった


シウマイ弁当のメインのおかずである「昔ながらのシウマイ」ですが、1964年当時は経木の弁当箱の横幅に合わせて4個でした。現在と同じく5個になったのは1974年。お客さまからの「もっとシウマイを食べたい」という声を反映したとのことで、1個はみだすような形となりました。
 

昔ながらのシウマイの大きさですが、発売された1928年から変わっていません。

 

今は入っていないおかずを食べて1964年に思いを馳せよう

「あのとき」と現在のシウマイ弁当のおかずの違い


1964年当時と現在のおかずの違いを比較してみました。あんずと玉子焼きが入っておらず、蒲鉾も紅白ではないので、見た目の色合いは現在のシウマイ弁当に軍配が上がるでしょう。
 

豚天は、思いのほかあっさりとした印象です。
 

この中で筆者が最も印象に残ったのは、セロリの塩漬け。口の中がとてもさわやかになりました。あんずの代わりにセロリが定番になっても良いのでは、と思うほどインパクトがありました。
 

セロリの塩漬けがインパクト大


セロリのほかに、福神漬け、大根漬物も入っていて、漬物好きな筆者としてはうれしいラインナップ。ちなみに、俵型ご飯(小梅、黒胡麻)は同じです。
 

価格は税込830円で、神奈川・東京を中心とした崎陽軒の約150店舗で、9月5日まで販売予定です。もちろん、通常の「シウマイ弁当(税込860円)」も販売されていますので、食べ比べてみてはいかがでしょうか。

・崎陽軒 https://kiyoken.com/

 

【おすすめ記事】

ごはんは左?右?手前?崎陽軒シウマイ弁当11のひみつ

なぜシウマイ? 横浜市民も知らない崎陽軒11の謎

崎陽軒が東京、千葉、埼玉限定の弁当「叉焼飯」を発売! なんで神奈川で発売しないの?

グルテンフリーの「台湾カステラ」を食べてみた! 崎陽軒が手掛けるスイーツ専門店「HB Style KIYOKEN」で発売


 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    港区女子は、なぜここまで嫌われる? 自活する女性から「おごられ」「パパ活」の代名詞になった変遷

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応