キーコーヒー「横浜1920創業ブレンド」はミルクブリューにピッタリ! おすすめレシピを試してみた

キーコーヒーは、1920年の創業当時に飲まれていたコーヒーの味わいをイメージした「横浜1920創業ブレンド」を7月20日から創業記念日である8月24日までの期間中、全国の直営ショップ(54店舗)で販売。創業時、港町横浜で愛されていた味をイメージしています。

1920年8月24日に横浜市福富町で創業したキーコーヒー。当時飲まれていたであろうコーヒーの味わいをイメージした「横浜1920創業ブレンド」を7月20日から創業記念日である8月24日までの期間中、全国の直営ショップ(54店舗)で販売します。どんな味なのか、試飲してみました(提供画像以外はすべて筆者撮影)。

 

キーコーヒー「横浜1920創業ブレンド」とは

キーコーヒー「横浜1920創業ブレンド」はゴールドと濃紺の上品なパッケージ
キーコーヒー「横浜1920創業ブレンド」はゴールドと濃紺の上品なパッケージ(左:100g、右:200g)


「横浜1920創業ブレンド」は、キーコーヒーが港町・横浜で創業した当時、多く流通していたブラジルコーヒーをベースとしています。甘い香りと口当りの良さが特徴で、砂糖やミルクともよく合うよう、やや深めにじっくりと焙煎されています。
 

やや深めにじっくりと焙煎


同商品は、横浜市内の一部店舗で通年販売していますが、創業記念日である8月24日までの期間限定で、全国の直営ショップ(54店舗)にて販売されます。
 

1936年当時の木村コーヒー店(現:キーコーヒー)横浜本店(画像提供:キーコーヒー)
1936年当時の木村コーヒー店(現:キーコーヒー)横浜本店(画像提供:キーコーヒー)


昔ながらの喫茶店で味わえるような、深くて苦めの味を想像していましたが、ドリップしてみると香りが高く、マイルドでバランスの良い飲みやすいコーヒーでした。大正時代の横浜に思いを馳せながら、コーヒータイムを楽しみました。
 

商品名:横浜1920創業ブレンド(豆・粉)648円/100g
販売期間:2021年7月20日(火)~8月24日(火)
販売店舗:全国のキーコーヒー直営ショップ(54店舗)

※「KEY’S CAFÉ-CLASSE-」「CRAFT SHARE-ROASTERY 錠前屋珈琲」は除く

 

令和の新アレンジ「ミルクブリュー」を試してみた!

キーコーヒーの専用レシピページでは、全国販売に合わせて「横浜1920創業ブレンド」を使ったおうちカフェレシピが紹介されています。
 

近年の純喫茶ブームを反映し、同社マーケティング本部 市場戦略部 コーヒー教室の専任講師を務める藤田靖弘(ふじた やすひろ)さんが「ウインナーコーヒー」と「ミルクブリュー」の2つのレシピを監修。
 

このうちの1つ、若年層を中心に注目が高まっているという「ミルクブリュー」を作ってみました。

中挽きにしたコーヒー豆を食品パックに入れて、牛乳(500cc)に一晩浸すだけ
中挽きにしたコーヒー豆を食品パックに入れて、牛乳(500cc)に一晩浸すだけ


作り方はとっても簡単。中挽きにしたコーヒー豆を食品用パックに入れて、牛乳に一晩(約8~12時間)浸すだけ!
 

本格的な味わいのアイスミルクコーヒーの完成
本格的な味わいのアイスミルクコーヒーの完成


ドリップしたコーヒーよりも、スモーキーな香りが強く感じられ、牛乳との相性は抜群。暑い季節にゴクゴク飲みたいアイスミルクコーヒーを手軽に作ることができます。前日の夜に牛乳に浸しておいて、飲み切るのがベストだと思います。
 

専用レシピページを参考にして作ってみてください。

URL:https://www.keycoffee.co.jp/store/direct/2021foundedblend_recipe


【おすすめ記事】

横浜の昭和レトロな喫茶店7選! 横浜観光地の散策途中に立ち寄りたい、昔ながらのおすすめ店

横浜の街を見下ろしながら「大人のクリームソーダ」を味わう! 「レインボーラムネミニ」とコラボした特別メニューが登場

神奈川のスタバ“地元”フラペ「ブルー×ミルク」の考案者を直撃! 横浜公園店のロケーションがモチーフだった!

横浜・ホテルの「アフタヌーンティー」で夏を味わおう! 桃、マンゴーで優雅なティータイム

【2021年最新】横浜のおいしいパンケーキおすすめ店15選!
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」