神奈川県藤沢市は、市内に工場があるメルシャン、ありあけと共同で、新たな藤沢土産「江の島ヨットハーバー」を開発。海の日の7月22日から湘南藤沢スーベニールズや江の島島内の商店をはじめ、県内スーパー、コンビニ、ありあけ直営店の一部店舗で発売します(画像はすべて筆者撮影)。

 

江の島ヨットハーバーについて

藤沢市×メルシャン藤沢工場×ありあけ湘南工場 コラボレーション企画「江の島ヨットハーバー」
藤沢市×メルシャン藤沢工場×ありあけ湘南工場 コラボレーション企画「江の島ヨットハーバー」


きっかけは、藤沢市にある「江の島ヨットハーバー」が東京五輪のセーリング会場になったこと。藤沢市と、ワイン生産量日本一(※)の「メルシャン藤沢工場」、ハーバーの製造拠点「ありあけ湘南工場」の3者共同で開発されました。
 

※出典:国内製造ワインの概況(平成30年度調査分)令和2年2月 国税庁課税部酒税課

江の島ヨットハーバー パッケージ


オリジナルデザインのパッケージに描かれているのは、セーリング競技をする市公式マスコットキャラクター「ふじキュン♡」と「ミルクモンブラン」に登場する客船さいべりあ丸。
 

裏面には、藤沢の紹介、メルシャン・ありあけの紹介。パッケージを開くと、江の島の名所を紹介する江の島観光マップになっています。
 

パッケージを開くと江の島観光マップ


個包装は、「ふじキュン♡」が江の島の観光スポットで楽しむ姿が描かれています。全7種あり、1箱あたり4デザインまでランダムに封入されます。
 

個包装には「ふじきゅん」が描かれています

 

ありあけ初!メルシャン赤ワインを使った「赤ぶどう餡」

江の島ヨットハーバー


横浜土産「ありあけハーバーミルクモンブラン」をベースとし、練乳風味の生地に包まれているのは、メルシャン藤沢工場製造の赤ワインを使用した赤ぶどう餡。しっとりとしているのが特徴で、赤ワインの風味が楽しめる大人の味わいです。
 

開発に苦労した赤ぶどう餡


赤ぶどう餡はありあけ初の試みで、メルシャンの赤ワインのおいしさと、ハーバーの餡との調和に苦労したそう。赤ワインが使われていますが、加熱処理・焼成をおこなっているので、0.1%未満のアルコール度数であることが確認されています。
 

「江の島ヨットハーバー」は海の日の7月22日より、5000箱限定で販売します。

 

江の島ヨットハーバー 概要

価格:江の島ヨットハーバー(6個入、810円)
期間:2021年7月22日~、5000箱限定販売、なくなり次第終了
販売店舗:県内スーパーマーケット・コンビニエンスストア、江の島島内の商店、湘南藤沢スーベニールズ、 駅売店、直営店(ありあけ本館ハーバーズムーンの一部店舗)など(予定)

 

【おすすめ記事】

横浜のお土産!絶対に喜ばれる定番20選

絶対に美味しい! 横浜のおすすめ逸品スイーツ7選

かまくらカスターのあの味がプリンに!? 新たな鎌倉土産「かまくらカスタープリン」とは

クルミッ子より先輩のお菓子! 鎌倉紅谷「あじさい」45周年記念オンライン特別セットが販売