学情は7月14日、20代の「夏の賞与」に関する調査結果を発表。本調査は20代専門の転職サイト「Re就活」にアクセスした356人を対象に、6月18日~7月8日の期間インターネット上で実施しました。
 

20代の夏の賞与の使い道TOP3! 圧倒的多数で1位は「貯金」

20代の夏の賞与の使い道TOP3!


夏の賞与の使い道として、回答が最も多かったのは「貯金」(62.1%)。次いで、「趣味」(25.8%)、「買い物」(25.3%)でした。
 

20代の夏の賞与額、「減額」「支給なし」を予想する人が3割以上

20代の3割以上が「賞与額の減額」や「賞与の支給なし」を予想


夏の賞与額について、最も多かった回答は「昨年と同水準になりそう」(34.2%)でした。「支給されない予定」「減りそう」「やや減りそう」の回答を合わせると35.8%を占め、3割以上の20代が、「賞与額の減額」や「賞与の支給なし」を予想していました。一方、「増えそう・やや増えそう」と予想している人は合わせて14.5%でした。

 

想定以上に賞与額が減っていたら、どう対処する?

「転職して年収を上げる」が約4割で最多


賞与が減った場合や想定より増えなかった場合、「転職して年収を上げる」と回答した人が37.9%で最多。次いで「節約して支出を減らす」(34.3%)、「副業で収入を増やす」(14.9%)、「貯金する額を減らす」(12.9%)が続きました。
 

「転職して年収を上げる」と回答した20代からは「賞与額はモチベーションに影響する」「もともと年収を上げたくて転職したので、年収が下がりそうであれば転職する」などのコメントが見られました。


【おすすめ記事】
小・零細企業で働く人に聞いた「夏のボーナス支給額」 2位「20〜30万」、1位は?
「この夏のボーナスは減る」と予想した人が多い業種、2位は「製造業」、1位は?
2021年夏のボーナス予測 公務員は平均66万1100円で9年ぶりに減少、民間企業は?
夏ボーナスの平均支給額は「43.9万円」、夏ボーナス額に「納得できる」と回答した人は約6割

【関連リンク】
プレスリリース