小・零細企業で働く人に聞いた「夏のボーナス支給額」 3位「30〜40万」、2位「20〜30万」、1位は?

フリーウェイジャパンが実施した「夏のボーナス実態調査」によると、2021年の小・零細企業の夏のボーナス支給額でもっとも多かったのは「10万〜20万円未満」、2位「20万〜30万円未満」、3位「30万〜40万円未満」。今冬のボーナスへの期待度は低い。

企業の給与計算サービスなどを展開するフリーウェイジャパンは、小企業・零細企業の従業員253人と代表取締役81人を対象とした「夏のボーナス実態調査」を実施。コロナ禍で企業のボーナス支給にはどのような影響があったのでしょうか。
 

小・零細企業の「夏のボーナス支給額」10万〜30万円がボリューム帯

小・零細企業に勤務する従業員に夏のボーナス支給額を尋ねたところ、もっとも多かったのは「10万〜20万円未満」で全体の21.3%、2位が「20万〜30万円未満」17%、3位が「30万〜40万円未満」12.8%という結果に。支給額のボリュームゾーンは10〜30万円でした。
 
小・零細企業の「夏のボーナス支給額」TOP3
小・零細企業の「夏のボーナス支給額」TOP3


2020年の冬のボーナスと比べた支給額は「変化なし」が約42%、「減少した・増加した」がともに約19%で全体の支給額に大きな変化はなく、「支給額に対する評価」を尋ねた回答をみても「納得している」が全体の約40%、「やや納得している」が約21%と半数以上を占めています。
 

一方で「今年(2021年)の冬のボーナス支給への期待」を質問してみると「期待できない」が約51%、「あまり期待できない」が約27%という結果に。「納得はしているものの、満足はしていない?」といった様子もアンケートからうかがえます。
 

引き続き、景気に対しては悲観的な見方

今季の冬のボーナスに期待できない理由は「会社の経営不振が続いている」が24.2%、続いて「業績が回復する見込みがない」14.6%、「経済活動の縮小が継続すると思う」13.1%とネガティブな回答が目立ちます。
 

そのほか、ボーナスの使い道についての回答をみても「貯金」や「ローンなどの返済」が上位で、レジャーや外食、娯楽は低い数字となっています。コロナ禍の長期化により、ボーナス支給額や景気回復に対する期待度が下がっていることがわかりました。


【おすすめ記事】
2021年夏のボーナス予測 公務員は平均66万1100円で9年ぶりに減少、民間企業は?
夏のボーナスの使い道1位は「貯金」その驚きの貯蓄率はなんと…
「この夏のボーナスは減る」と予想した人が多い業種、2位は「製造業」、1位は?
2021年夏ボーナスの平均支給額は「43.9万円」、夏ボーナス額に「納得できる」と回答した人は何割?


【関連リンク】
プレスリリース
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    危機管理のプロが警告! 中学受験で“御三家”を目指す親子が知っておくべき「学歴エリートの落とし穴」

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた