接客スタッフは、顧客から感謝の言葉を受けたり、自分の接客が売上につながっていることを感じられたりとやりがいの多いお仕事ですよね。その一方で、接客の仕事をするうえで悩みをかかえ、異職種への転職を考える人もいるのではないでしょうか?

ビズヒッツは、接客業から異職種に転職した500人を対象にアンケートを実施。「接客業から転職した理由」や「異職種への転職が順調だったか」を聞きました。
 

接客業から異職種に転職した理由1位は「接客のストレス」

4位までのランキング結果(n=500)

接客業から異職種に転職した理由を尋ねたところ、1位になったのは「接客のストレス」(125人)でした。

とくに「笑顔でいることに疲れた」「クレーム対応がつらかった」「お客さんの愚痴や八つ当たりに嫌気が差した」と答えた人が目立ち、中には「接客のストレスから体調を崩した」という人も。接客に大きなストレスを感じて「お客さんと直接関わらない仕事に変わりたい」と、転職を考えた人が多いようです。

2位以下は「勤務日時への不満」(98人)「他職種に挑戦したい」(77人)と続き、転職理由のアンケートで上位に入ることが多い「人間関係の悩み」(21人)は9位となりました。
 

転職が順調だった人は7割超え!




次に「接客業から異職種への転職は順調でしたか」と聞いたところ、「順調」「まあ順調」と答えた人が71.0%。「異職種への転職って難しいのでは?」と不安を感じている人も多いでしょうが、実際は多くの人が転職に成功しているのですね。

具体的には「ホテルから不動産業への転職。ホテル業界で15年以上経験を積んでいたので、多少の業務負荷には耐性があると判断されたと思う」「教育業界への転職。接客の経験が保護者対応などに役立った」という体験談がありました。

また「派遣会社やハローワークを通じて、スムーズに転職できた」「家族や友人を通じて転職した」など、公的機関や専門家、周りの人たちのサポートを得て転職に成功した人も多数。対して転職活動が大変だったという人からは「未経験での転職はハードルが高かった」という意見が多数あがりました。
 

転職してよかった人は91.6%



最後に「接客業から他の職種に転職してよかったですか」と聞いたところ、「よかった」「まあよかった」が合わせて9割を超えました。「規則正しい生活ができ、土日に休める」「待遇がよくなった」「ストレスが減った」「体調管理がしやすい」などが理由に挙がりました。

一方で異職種に転職してから「接客が好きだった」「接客のほうがおもしろい」と気づく人もいるようです。接客は好きだけれど「収入」「勤務時間」などへの不満から転職を考えているのなら、条件を満たす「別の接客業」を探すのも選択肢のひとつかもしれません。

【おすすめ記事】
転職フェアの「デメリット」ランキング! 2位は「企業とじっくり話せない」、1位は?
転職フェアの「メリット」ランキング! 3位は「視野が広がる」、2位「企業の生の声が聞ける」、1位は?
転職が決まらない理由ランキング! 転職者299人が実感した理由、2位は「年齢が高い」、1位は……?
転職活動で「しんどかったこと」1位は? 経験者500人のランキング!

【関連リンク】
プレスリリース