Z世代の早大生86%が社会貢献意識あり! 関心事の3位「貧困」2位「ジェンダー」、1位は……?

早稲田大学商学部におけるオズマピーアール提携講座は、受講する2年生以上の学生に社会貢献に関する意識調査を実施。277人から回答を得ました。約9割が「社会貢献意識」をもち、過半数がコロナ禍で「新しい挑戦」をしていることがわかりました。

SDGs17目標の中で関心を集める分野1位「教育」

SDGs17目標の中で関心をもっている分野
 

過半数の学生が新しいことにチャレンジ!

53%の学生がコロナ禍で新しいチャレンジ

コロナ禍での新しい挑戦について、過半数の学生が「している」(53%)と回答。TOEICなどの資格勉強やメディアでの発信、リモートでのグループ活動などオンライン上で新たな活動に挑戦していることがわかりました。

<記事に戻る

【おすすめ記事】
慶應ワクチン接種開始、早稲田は毎週無料PCR検査……新型コロナワクチン「大学拠点接種」各大学の状況は?
新・愛の聖地? 封鎖された高田馬場駅前ロータリーで話題の南京錠、入手先や行方を調査してみた
人事担当者から見た「印象のよい大学」、東大や京大を抑え1位に輝いた大学とは?
高校生約20万人が選ぶ「大学人気ランキング」 国立1位は東大、2位は?
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    スパイ映画は『007』だけじゃない。荒唐無稽?それともリアル?魅力にあふれたスパイ映画6作を選出

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】