「インターネットで使われている言語」ランキング! 3位「スペイン語」、2位「ロシア語」、1位は?

ビジュアルキャピタリストが公開した「ネットでもっとも使用されている言語」によると、1位「英語」、2位「ロシア語」、3位「スペイン語」。トラフィックの多かった上位1000万サイトを元に集計しTOP10までランキングに。「その言語を話す人口」シェアも。

世界のさまざまな情勢や調査結果を図解を使って解説するメディア「ビジュアルキャピタリスト」が「The Most Used Languages on the Internet」を公開。
 

インターネットでよく使われる言語をランキングした本調査は、コンサルティング会社「キューサクセス」が運営するWebサイト「W3Techs」が、Alexa.comのトラフィックランキング上位1000万のサイトを対象に分析した結果などを参考としており、2021年現在の「その言語を話す人口」のリストもあわせて公開しています。
 

今回はインターネットでよく使われる言語を、上位1000万のWebサイトのシェア、その言語を話す人口のシェアとあわせて紹介します。

「世界で最もよく使われている言語」TOP3(出典:Visual Capitalist)
「世界で最もよく使われている言語」TOP3(出典:Visual Capitalist)

 

第1位:英語(60.4%)

インターネットでもっともよく使われる言語は「英語」です。これは多くの人の予想通りではないでしょうか。Webサイト上位1000万のシェアが約6割に対し、話す人口のシェアでは約16%。
 

「話す人口のシェア」は、母国語または第二言語のいずれかとして集計しているので、Webサイトのシェアと比べると少なめに感じますが、IT業界は英語が主体と考えると納得といった数字です。
 

第2位:ロシア語(8.5%)

2位は「ロシア語」。「話す人口」でみると上位10言語中5番目。Webサイトのシェアが多い理由について同記事内では、ロシアがネットインフラの遮断実験で行った同国のインターネット鎖国「Runet(ルネット)」の影響が大きいのではないかとコメントしています。
 

第3位:スペイン語(4.0%)

3位は「スペイン語」でした。「話す言語」では6.9%と、英語、簡体字中国語に次いで3番目のシェアです。
 

ランキングでは、世界人口の15%近い比率を誇る中国のWebサイトのシェアなども公開中。人口比率の多い国のシェア、特にアジア圏は地域のオンライン人口が増えるに従いこれから成長するだろうと述べています。

出典:The Most Used Languages on the Internet(Visual Capitalist)


>10位までの全ランキング結果を見る


【おすすめ記事】
満足度の高い「インターネット回線」ランキング! 2位「ドコモ光」、1位は?
「便利なネット銀行1位」8年連続はあの銀行! お金の管理に適した銀行ランキングTOP3
ヤフオク! 2021年上半期検索キーワードランキング! 2位「煉獄杏寿郎」、1位はやはり…?【漫画・アニメ部門】
IT業界インターンシップ人気企業ランキング、3位は「楽天」、2位は「ヤフー」、注目の1位は?

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在