1万6000人に聞いた「転職する際に重視する条件」、1位「給与」、2位以降は性別や世代間で違いが

転職サービス「doda(デューダ)」が1万6000人に聞いた「転職に関する意識調査」の結果、性別、年代問わずもっとも重要視するのは「給与」、2位以降から違いがみられ、女性は男性よりも「休暇日数」を、40代は20〜30代よりも「勤務地」を重視。

パーソルキャリアが運営する転職サービス「doda(デューダ)」は、20〜65歳の正社員・正規職員(公務員除く)約1万6000人に対し「転職に関する意識調査」を実施。調査結果の中から、「転職する際に重視する条件」を中心に「転職回数」や「転職に対するイメージ」への回答もあわせて紹介します。
 

「転職で重視する条件」全体では「給与」、以降は性別や世代間で違い

「転職する際に重視する条件」を複数回答式で尋ねたところ、もっとも多かったのは男女ともに「給与(男性59.8%・女性70%)」でした。2位、3位から男女間で違いが見えはじめ、男性は2位「勤務地(43.7%)」、3位「休暇日数(40%)」に対して、女性は2位「休暇日数(57.8%)」、3位「勤務地(57.5%)」。
 
「転職する際に重視する条件」青:男性 赤:女性(複数回答可)
「転職する際に重視する条件」青:男性 赤:女性(複数回答可)


僅差ではありますが、以降の項目でも男女による「重視する条件」が少しずつ異なる結果となっています。また、年代別でみると20〜30代は勤務地よりも休暇日数を重視し、40代以上は勤務地を重視しているようです。

 
「転職する際に重視する条件」年代別
「転職する際に重視する条件」年代別

 

全体の約半数は転職に対してポジティブな考えを持っている

「転職に対するイメージ」を尋ねたところ、全体の約半数が「ポジティブ(ポジティブ・どちらかというとポジティブ)」と回答。年代が若くなるにつれその傾向は強くなり、20〜29歳では約67%が「ポジティブ」と答えています。
 
「転職に対するイメージ」全体
「転職に対するイメージ」全体


「転職回数」の転職経験者数に注目してみると、20代こそ約3割ですが、30代になると約半数近くが「転職経験者」であると答えています。

 
「転職回数」年代別
「転職回数」年代別


doda編集長の喜多恭子氏は「転職に対するポジティブなイメージは全体で6割弱。特に20〜30代は高め。背景として、新型コロナの影響や60代以降も続くキャリア時代の到来で『転職は自分らしい生き方を選択するためのひとつの手段』と捉える空気も生まれている、と言えるかもしれない」とコメントしています。


【おすすめ記事】
「転職したい企業」ランキング! 2位「グーグル」、1位はコロナ禍でも安定の…?
転職で役立った資格ランキング! 3位「TOEIC」、2位「運転免許」、圧倒的1位は?
2回目以降の転職は不利? デメリット2位「長続きしないと思われる」、1位は?
「引っ越しを伴う転職」で困ったこと! 2位「友人・知人がおらず寂しい」、1位は?


【関連リンク】
プレスリリース
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」