贅沢すぎるミスドの新作! 人気洋菓子店ベイクとコラボしたザクザクの欲張りドーナツ

ミスタードーナツが、「misdo meets BAKE & ZAKUZAKU」を発売しました。今回はBAKEを代表する焼きたてチーズタルト専門店「BAKE CHEESE TART」と、シュークリーム専門店「クロッカンシュー ザクザク」のとのコラボです。1つの企画で、2つのブランドとのコラボレーションが実現。発売されたのは、6つの新作です!

「misdo meets BAKE & ZAKUZAKU」(筆者撮影)


ミスタードーナツ(以下、ミスド)が、「misdo meets BAKE & ZAKUZAKU」を発売しました。「misdo meets」のシリーズは、これまでさまざまなブランドとコラボしてきましたが、今回は焼きたてチーズタルト専門店「BAKE CHEESE TART」と、シュークリーム専門店「クロッカンシュー ザクザク」のとのコラボです。
 

既にお気づきの方も多いと思うのですが、今回は1つの企画で2つのブランドとのコラボが実現。発売されたのは贅沢な6つの新作です。

 

「ベイク チーズタルトドーナツ」

「ベイク チーズタルトドーナツ」(筆者撮影)


オールドファッションの上に、チーズホイップをのせてオーブンで焼きあげているドーナツです。BAKE CHEESE TARTの看板商品である、チーズタルトをイメージしています。
 

食べてみると、オールドファッションのサクサクとした食感と、チーズホイップのトロッとした食感がとてもマッチしています。チーズホイップが甘酸っぱいので、オールドファッションとの相性も抜群。価格はテイクアウト237円、イートイン242円(税込、以下同)。
 

「ベイク チーズタルトドーナツブルーベリー」

「ベイク チーズタルトドーナツブルーベリー」(筆者撮影)


使用されている生地は、オールドファッション生地です。チーズタルトを表現していて、チーズホイップの上にブルーベリージャムが乗っています。ブルーベリージャムがトッピングされているので、ベイクチーズタルトドーナツよりも少しフルーティーな感じがします。テイクアウト237円、イートイン242円。

 

「ベイク チーズホイップ」

「ベイク チーズホイップ」(筆者撮影)

イーストドーナツ生地に、チーズホイップとホイップクリームがサンドされています。
 
チーズホイップとホイップクリームがサンド(筆者撮影)

ホイップクリームが甘いのですが、チーズホイップの酸味もあって、うまく甘みが調和されている印象です。テイクアウト172円・イートイン176円。
 

「ザクザク クロッカンシュードーナツ」

「ザクザク クロッカンシュードーナツ」(筆者撮影)

「ZAKUZAKU」のクロッカンシューを、シュードーナツで再現しています。アーモンドクランチがトッピングされているので、サクサクとした食感もあります。
 
ホイップもサンド?これはミス??(筆者撮影)

サンドされているのは、カスタードクリーム。(ミスドのホームページを見ると、ホイップクリームはサンドされていないようなのです。でも、写真を見るとホイップクリームが……。これはミスでしょうか)比較的甘みが抑えられている印象を受けました。テイクアウト194円・イートイン198円。

 

「ザクザク クロッカンシュードーナツ チョコ」

「ザクザク クロッカンシュードーナツ チョコ」(筆者撮影)

クロッカンシューをシュードーナツで再現しているのは、「ザクザク クロッカンシュードーナツ」と同じです。
 
カスタードクリームとホイップがサンド(筆者撮影)


サンドされているのは、ホイップクリームとカスタードクリームです。また、チョコが表面にかかっていて、結構甘さが強いドーナツです。テイクアウト194円、イートイン198円。

 

「ザクザク ポン・デ・リング」

「ザクザク ポン・デ・リング」(筆者撮影)


ミスドでも人気のポン・デ・リング生地に、チョコレートコーティングがされています。また、トッピングとしてグレーズを絡めて焼き上げたアーモンドクランチが使われていて、ザクザクとした食感が楽しめます。もちろん、ポン・デ・リング生地はもっちもち。テイクアウト172円、イートイン176円です。
 

ミスドの新作は、チーズクリームの酸味が味わえたり、ザクザクとした食感を楽しめたりする欲張りなラインナップ。冷やして食べてもおいしいドーナツがあるので、これからの季節にもおすすめですよ。


【おすすめ記事】
ミスドから窯焼きピッツァ『MISDO PIZZA』が新発売! 1枚1枚お店で手作りのこだわり!
ヤマザキから新しい「マリトッツォ」登場! 何が変わったの? 前作とサイズ、クリーム、味など違いを比較
ファミマの「贅沢サンドBOX」。プリップリのエビと厚切りひれ肉が、まさに贅沢な逸品!
ハーゲンダッツ「夏の新作」は1カップに2つの味! グリグリ混ぜて食べてみた
 

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」