スタバの地元フラペ「栃木らいさまパチパチチョコレート」実食レポ。ところで「らいさま」って何?

全国的に話題になっている、スターバックスコーヒージャパンのJIMOTOフラペチーノ。各都道府県の特産物やなじみの食材がモチーフとなっていて、すでに売り切れになっている店舗もあるそう。そのくらい人気のJIMOTOフラペチーノ、筆者は栃木県在住なので、栃木県バージョンの実食レポです。

「栃木 らいさま パチパチ チョコレート フラペチーノ」(筆者撮影)

全国的に話題となっている、スターバックスコーヒージャパン(以下、スタバ)のJIMOTOフラペチーノ。各都道府県の特産物やなじみの食材がモチーフとなっていて、すでに売り切れになっている店舗もあるそう。
 

筆者は発売から3日目にスタバに行ったのですが、「そろそろ品切れになりそう」とお店の人が言っていました。そのくらい人気のJIMOTOフラペチーノ、筆者は栃木県在住なので、栃木県バージョンを実食レポートします!

 

栃木県、筆者は苺か餃子だと思っていた

チョコはちょっと意外だった(筆者撮影)


スタバのJIMOTOフラペチーノが発売されると聞いたとき、筆者が最初に思ったのは、栃木県は「苺」か「餃子」かなということでした。栃木県はいちごの生産が盛んで、収穫量、作付面積、産出額のいずれも日本一です(令和元年の「全国いちご生産割合」より)。
 

餃子も有名なので、スタバなりのアレンジによって餃子がフラペチーノになるのではないかという期待もありました。でもフタを開けてみると、「栃木 らいさま パチパチ チョコレート フラペチーノ」。どうしてチョコなんだろうと思ったのですが、ネーミングにある「らいさま」で納得です。

 

「らいさま」ってなんだ?

「らいさま」は「雷」のこと(筆者撮影)


「らいさま」は、雷のことです。「雷様」と書いて「らいさま」。実は栃木県は日本でも雷の多い県として有名なので、スタバのJIMOTOフラペチーノでも雷をイメージしているのです。

 

「栃木 らいさま パチパチ チョコレート フラペチーノ」実食!

「栃木 らいさま パチパチ チョコレート フラペチーノ」(筆者撮影)

他の店舗に入ると、多くの人が「栃木 らいさま パチパチ チョコレート フラペチーノ」を注文していました。よほど人気のようです。
 
クリームやマンゴーパッションソースがかかっている(筆者撮影)

ダークモカパウダーとシロップ、そして氷を合わせた冷たいベースの上に、クリームがトッピング。黄色いソースは、マンゴーパッションソースです。これが雷をイメージしています。
 
パチパチのキャンディーに注目(筆者撮影)

注目したいのは、上に乗っている茶色いつぶつぶ。パチパチのもとになるキャンディーです。口の中に入れると、本当にパチパチとはじけるような音がします。思わず口を開けて「ねー、見て見てー」と言いたくなるほど。チョコの濃厚な味わいと、パチパチと弾けるキャンディー。人気になる理由が分かります。
 

お隣の茨城県は「メロン」がモチーフ

「茨城 メロン いがっぺ クリーミー フラペチーノ®」(知人撮影)


筆者の知り合いが茨城県にいるので、茨城のJIMOTOフラペチーノの写真を送ってもらいました。茨城は「茨城 メロン いがっぺ クリーミー フラペチーノ」です。茨城は「干し芋」か「納豆」かなと思ったのですが、採用されたのはメロン。茨城県は、日本有数のメロンの産地で地元ではメロンはとてもメジャーなフルーツなので、スタバのJIMOTOフラペチーノにも使われています。
 

スタバのJIMOTOフラペチーノはトールサイズのみで、価格は682円(税込)。あまりの人気で、売り切れになっている店舗も出てきているようです。地元の味を楽しみたいと思ったら、早めにスタバに行ってみてください。


【おすすめ記事】
神奈川のスタバ“地元”フラペ「ブルー×ミルク」の考案者を直撃! 横浜公園店のロケーションがモチーフだった
自虐的すぎないか?と話題のスタバ埼玉県限定フラペ「多彩玉」は 美しくて「うまい。うますぎる!」
スタバ“地元”フラペ発売!フルーツ王国「山梨」は爽やかで酸味のあるぶどうシロップ×まろやかホワイトチョコ
スタバ話題の”地元”フラペチーノ広島版を実食! 超フルーティー! 瀬戸内レモンなのに赤色の理由は?
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」