春ドラマで一番おもしろかった作品ランキング! 2位『リコカツ』、1位は話題となったあの作品

1Screenを運営するVivianeはドラマが好きな全国10〜60代の男女500名対象に「春ドラマでいちばん面白かった作品は?」の調査を実施。1位『ドラゴン桜』、2位『リコカツ』、3位『大豆田とわ子と三人の元夫』という結果となりました。

「1Screen」を運営するVivianeは6月22〜25日の期間、ドラマが好きな全国10〜60代の男女500人を対象に「春ドラマでいちばん面白かった作品は?」を調査し、結果を公開しました。
 

第1位:『ドラゴン桜2』(24.0%)

『ドラゴン桜2』(画像は公式ホームページより)


堂々の1位は、2005年放送『ドラゴン桜』の続編で、TBS系列で金曜21時に放送されていた『ドラゴン桜2』。本作は阿部寛演じる元暴走族の元弁護士が低偏差値の高校生たちを東大に合格させるため奮闘する学園ドラマです。
 
「もともと前作を見ていたのですが、その時の生徒が成長して弁護士・教師になったり、当時の先生がまた出演したりと面白かったからです」など、前作『ドラゴン桜』から引き継がれた設定が面白かったという意見から、「東大合格が目的だけど、人生を生き抜くコツみたいなところが織り込まれていて社会人の私にも勉強になっていたから」など作品全体を通して学べたというコメントもありました。
 

第2位:『リコカツ』(18.2%)

『リコカツ』(画像は公式ホームページより)


2位はTBS系列で金曜21時に放送されていた『リコカツ』。離婚から始まる恋を描いた北川景子主演ラブコメディで婚活ならぬ「リコカツ」をテーマとした目新しい設定。さらには北川景子と永山瑛太の共演も話題となった作品です。
 

「離婚から始まる恋という斬新なアイデアが良かったです。なかなか結末が予想できなくて毎回楽しみにしていました。主題歌の米津玄師さんの歌も良かったです」などの主題歌も含め作品全体を評価する意見や、「結婚もしたいけど、好きな仕事もしていたい!」という現代のバリバリ働く女性たちに刺さりまくったドラマでした。」といった共感の声も挙がりました。
 

第3位:『大豆田とわ子と三人の元夫』(14.8%)

『大豆田とわ子と三人の元夫』(画像は公式ホームページより)


3位は、フジテレビ系列で火曜21時に放送されていた『大豆田とわ子と三人の元夫』。松たか子主演によるバツ3の女性とその元夫たちのドタバタ劇を描くロマンティックコメディです。
 

「主人公も元夫たちも、新たな恋の相手もみんな個性的で、それぞれ魅力あるキャラクターだった。いろんなタイプの男たちだったので、視聴者はそれぞれの推しがいたのではないかと思う」などキャラクターたちが魅力的だったという意見や、「テンポの良さや言葉のひとつひとつが心に残りました。とても大きな事件があるわけでもないが、日常とも少し違って、なんかホンワカとなるドラマでした。」など作品全体の雰囲気を楽しめたといったコメントも目立ちました。


>10位までの全ランキング結果を見る


【おすすめ記事】
今期見ている恋愛ドラマランキング! 3位は「着飾る恋には理由があって」2位は「リコカツ」、1位は?
40~50代女性が好きなドラマランキング! 2位『相棒』シリーズ、1位はあの大ヒットラブストーリー
ネクストブレイク俳優・女優ランキング! 2位「加藤清史郎」を抑えた俳優は? 女優は同率1位が2人!
ドラマを語る世界が広がる!韓国で人気の日本ドラマ


【関連リンク】
プレスリリース

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 植草美幸の恋愛・結婚相談ー編集部選ー

    44歳、スペック自慢の学歴厨? 実家は太いが強烈な実母の高望みに応えられるのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    「倍速視聴とスキップ」「ながら見」をしてしまう理由は? 新卒社員の本音に、映画オタクが“ガチ回答”

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    羽田空港行きの1番列車が発車! 外観も車内も“台湾づくし”の京急「ビビビビ!台湾号」運行開始

  • 世界を知れば日本が見える

    「iPhoneに盗聴されている気がする」会話内容が広告表示されるのは“錯覚”か。デジタル広告の正体とは