成城石井の新発売「ロールケーキ」は、ふわっふわ生地と口の中でスーッと溶けるクリームが絶品!

6月16日に、成城石井発売になった商品があります。「北海道産純生クリーム入りロールケーキ」です。これまでも成城石井にはケーキがあったのですが、今回もかなりの自信作のよう。筆者もさっそく食べてみたのですが、その食感に驚きを隠せませんでした。

北海道産純生クリーム入りロールケーキ(筆者撮影)

6月16日、成城石井が新発売した「北海道産純生クリーム入りロールケーキ」。これまでも成城石井にはケーキがあったのですが、今回もかなりの自信作のよう。筆者もさっそく食べてみたのですが、その食感に驚きを隠せませんでした。
 

見た目は普通のロールケーキっぽい

トッピングはなし(筆者撮影)

北海道産純生クリーム入りロールケーキは、生クリームやフルーツがトッピングされているわけでもなく、見た目は全く普通のロールケーキです。おそらく生地のふわふわ感はあるのだろうと思うのですが、実際どの程度ふわふわしているのかは、見た目では判断できませんでした。カットなしの1本の状態で販売されているので、自分で好きな分だけカットして食べることになります。
 

繊細な生地だった

柔らかい生地(筆者撮影)

北海道産純生クリーム入りロールケーキを覆っている透明なパッケージを外してみると、透明なフィルムに包まれていました。後でわかったことですが、このフィルムがないと少しでも衝撃を受けるとロールケーキに大きな傷がついてしまいます。それに指で触っただけでも大きく凹んでしまうくらい、生地がふわふわなのです。筆者が想像していた以上に、表面の生地が繊細でした。
 

たっぷりクリーム

たっぷりのクリーム(筆者撮影)


北海道産純生クリーム入りロールケーキには、たっぷりの生クリームが使われています。ここで使われているのは乳脂肪分47%純生クリーム(クリーム中30%配合)。生地にはちみつが使われていて(生地中8%配合)、生クリームとの相性も良さそうです。

 

口の中でとろけていく食感

切るのも一苦労(筆者撮影)​​​​​


ロールケーキを食べる前にはナイフでカットすることになりますが、ふわふわすぎてうまく切ることができません。またカットした後でお皿に移しますが、どうしても周りの生地に触れてしまい、その部分が凹んでしまうのが気になります。
 

実際に食べてみると、まずはクリームが口の中でとろけていくのがわかります。スーッとなくなるイメージです。味は甘すぎず、口の中に残らない上品な味。筆者が思っていたよりも、後味は軽いです。
 

生地部分ですが、非常にふわふわです。クリームほどではないのですが、口の中で溶けていくような感覚でした。歯で噛むのではなく、舌の上で溶かす感じ。生地自体はそれほど甘くなく、どちらかというとクリームを引き立てるような控えめの味だと思います。
 

北海道産純生クリーム入りロールケーキは961円(税込)ですが、8等分はできるサイズです。1切れあたり約120円になるので、1人分のスイーツとしては安い方だと思います。もちろん抜群に美味しいですし、何よりふんわりとした生地とスーッととろけていくクリームは絶品。ぜひ、試して欲しいスイーツです。


【おすすめ記事】
ちょっと敷居が高い成城石井。まずは試してみたいコスパ重視の3食品
限定5万本!“柑橘の大トロ”と噂の「成城石井の絶品マーマレード」を食べてみた
成城石井の「おすすめロカボスイーツ」2品を食べてみた!
贈り物にも最適! カルディ・成城石井・サンクゼールのちょっと高級なジャム3つ
 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    性加害疑惑・伊藤純也選手のプーマ広告が復活 「告発女性を逆に訴える」という対応はアリだったのか?

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴