来日55周年を迎える「ビートルズ」の人気曲ランキング! 1位は映画のタイトルにもなったあの曲!

数々の名曲を世に送り出してきた、ビートルズ。誰しも一度は彼らの曲を聞いたことがあるでしょう。その中でみなさんが選ぶ1番人気の曲はなんでしょうか?

1966年6月29日に初来日し、2021年で来日55周年を迎えるイギリスの伝説的バンド、ビートルズ。解散から50年以上たった今もなお熱烈なファンがたくさんいます。

LINEリサーチは、全国15~59歳の男女5252人を対象に、「ザ・ビートルズ1962年~1966年(赤盤)」「ザ・ビートルズ1967年~1970年(青盤)」の収録曲の中から、「ビートルズの人気曲」について調査しました。
 

ランキング3位は「ヘイ・ジュード」、2位は「イエスタデイ」、そして1位は……?

「ビートルズの人気曲」ランキングTOP3
数ある曲の中で1位に輝いたのは「レット・イット・ビー」でした! 同曲はビートルズのバラード曲で、ビートルズが1969年1月に行ったセッション「ゲット・バック・セッション」と、最後のパフォーマンスとなった「ルーフトップ・コンサート」の模様を記録した、同名のドキュメンタリー映画も存在します。

続く2位の「イエスタデイ」は、ビートルズが初めて弦楽四重奏をバックに取り入れバラードとして発表した曲で、こちらも「レット・イット・ビー」と同じく同名のミュージカル映画が2019年に公開されています。

「レット・イット・ビー」は20~40代で、「イエスタデイ」は10代と50代で1位となっており、さらにすべての年代でこの2曲が上位2位にランクインと、どの年代にも愛される不朽の名曲と言えます。

そして3位は「ヘイ・ジュード(Hey Jude)」。こちらもバラード曲と、上位3曲全てがバラード曲という結果になりました。心に訴えかけるような落ち着いたバラード曲は、多くの人の心を動かしているからかもしれません。
 

5位には英語教材で使われる「イエローサブマリン」がランクイン

10代のランキング4位は、中学の教科書にも掲載されている「ハロー・グッドバイ」
ランキング4位以下は順に、「ヘルプ!」「イエロー・サブマリン」「オール・ユー・ニード・イズ・ラヴ」と続きます。これらの曲は英語・音楽などの教材によく採用されているほか、テレビでもよく耳にするためか、上位にランクインしています。

現在の中学生を含む10代のランキングには「ハロー・グッドバイ」が同年代4位にランクインしています。この曲は、今の中学の教科書に掲載されているようです。10代のランキングが、20代以降のランキング入っている曲と少し異なっているのは、このような背景も関係しているのかもしれません。

【おすすめ記事】
「2021年下半期さらにヒットしそうなアーティスト」! 2位「YOASOBI」を抑えた1位は?
BTS、TWICE、NiziU…なぜ今「K-POP」がブーム?
2021年上半期「K-POP」の人気カラオケ曲 2位はTWICE「Feel Special」、1位は……?
高校生に人気のミュージシャンランキング 女子高生1位は「BTS」、男子高生1位は?

【関連リンク】
LINEリサーチ
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」