大東建託は居住満足度調査を行い、「いい部屋ネット 街の住みここちランキング2021<石川版>」を発表しました。
 

石川県に住む成人男女3843名を対象に調査を行った結果、「住みここち(自治体)ランキング」1位は3年連続で「野々市市」。次いで2位は2年連続で「金沢市」、3位は昨年5位の「白山市」が選ばれました。
 

金沢駅周辺

 

1位は3年連続! 生活と交通の利便性を兼ね揃えた「野々市市」

「野々市市」は県の中部に位置する金沢市のベッドタウン。大学をはじめ多くの教育機関がある学園都市です。金沢バイパスが整備され、車で通える範囲に様々な商業施設が揃っているのも魅力。電車やバス、コミュニティバス「のっティ」を利用することで、市街を網羅でき、幅広い年齢層が楽に移動できる手段が揃っています。また、多くの公園や児童館、医療機関、商業施設があり、若者や子育て世代を中心に人口が増えている活気のある元気な自治体です。
 

2位は2年連続「金沢市」、住みたい街ランキングでは1位を獲得

「金沢市」は、石川県の県庁所在地であり、兼六園や近江町市場などの観光スポットや、金沢百万石まつり、数々の伝統工芸もある観光都市として知られています。近年では、北陸新幹線の開通により関東との往来も増えています。市内に環状線の道路がある事、バスの便が良い事で、交通利便性も高いです。商業施設や医療機関なども非常に充実している一方で、川や木々などの自然も多く残っており、都市機能と自然環境のバランスの良さが人気です。
 

3位には、昨年5位の「白山市」がランクアップ

「白山市」は、多くの工業団地があり、様々なものづくり企業が集まっています。また、白山国立公園や一級河川の手取川を有し、「海・山・川・まち」が揃う自然豊かな自治体でもあります。市内にはJR北陸本線や北陸鉄道を有する駅があり、金沢市への通勤や通学に便利です。大型商業施設やスーパーも多くあるため生活利便性もよく、また、住宅取得補助・子育てサポートなど、移住者が安心して新生活を送るための行政サポートも充実しています。2021年の夏には北陸最大級のショッピングセンターも開業予定でありますます人気がでそうです。
 

>ランキングTOP5の結果はこちら


【おすすめ記事】
静岡県の住みここちランキング! 3位「静岡市駿河区」、2位「浜松市浜北区」、1位は?
兵庫県の住みここちランキング! 3位「神戸市中央区」、2位「西宮市」、1位は2年連続で…!
埼玉県の住みここちランキング! 3位「さいたま市大宮区」、2位「さいたま市中央区」、1位は?
京都府の住みここちランキング! 3位「長岡京市」、2位「京都市左京区」、1位は今年も…


【関連リンク】
「いい部屋ネット 住みたい街ランキング2021〈石川県版〉」