コメダ珈琲で人気のシロノワール。季節限定の「瀬戸内レモン」の実食レポ!

コメダ珈琲で不動の人気を誇るシロノワール。季節に応じていろいろな味わいが楽しめますが、6月16日からは「瀬戸内レモン」が登場しています。ジメジメして蒸し暑い時期に食べたい、さっぱりとしたレモン。どんな味わいなのでしょうか。さっそく、コメダ珈琲に行ってきました!

コメダ珈琲のシロノワール瀬戸内レモン(筆者撮影)


コメダ珈琲で不動の人気を誇る「シロノワール」。季節に応じていろいろな味わいが楽しめますが、6月16日からは「瀬戸内レモン」が登場しています。ジメジメして蒸し暑い時期に食べたい、さっぱりとしたレモン。どんな味わいなのでしょうか。さっそく、コメダ珈琲に行ってきました!

 

ボリュームたっぷりのソフトクリームにレモンのソース

真上から(筆者撮影)

シロノワールといえば、やはりたっぷりのソフトクリームが特徴でしょう。そこに瀬戸内レモンの果汁と果肉を使用したソースが、驚くほどたっぷりとかけられていました。
 
フィアンティーヌがかかっている(筆者撮影)

そして、ソフトクリームにパラパラとかかっているのが、フィアンティーヌです。これはクレープ生地を細くしたもので、食感を良くするために使われます。確かに、サクサク食感。
 

あたたかいデニッシュの上でとろけるソフトクリーム

ソースがとろり(筆者撮影)

デニッシュパンは、コメダらしいふわりとした食感です。あたたかいので、ソフトクリームがじわりじわりと溶けていきます。時間が経つとソースがトロリと垂れてくるので、これだけでおいしそうに見えてしまいますよね。
 
デニッシュの断面(筆者撮影)

ソースはレモンとレモン果肉を使っていて、レモネードのような酸味と甘みがあります。ソフトクリームの甘さによって、レモンソースの酸っぱさが際立っていました。

 

レモンソースでさっぱり後味に

デニッシュにたっぷりアイス(筆者撮影)


デニッシュバーに、ソフトクリームとソースをつけて食べてみます。通常のシロノワールは特製のシロップをかけるのですが、今回は瀬戸内レモンのソースです。デニッシュにソフトクリームだけでも充分おいしいのですが、レモンソースをかけることで酸味が加わり、さっぱりとした味わいになります。
 

シロノワール瀬戸内レモンは、通常サイズとミニサイズがあります。今回筆者が注文したのはミニサイズで、値段は550円(税込)でした。食後のデザートや1人で食べるときにはミニサイズ、家族など複数で食べる場合には通常のサイズがおすすめです。通常サイズのシロノワールは、750円(税込)です。
 

シロノワール瀬戸内レモンは季節限定で、8月上旬まで販売される予定になっています。この時期だからこその新しい味わいです、ぜひコメダ珈琲に行ってみてくださいね。※販売されていない店舗もあります。また、店舗によって販売価格が異なります。


【おすすめ記事】
コメダ珈琲の「クロネージュ」がドリンクに! バームクーヘンはこうやって食べてもいいんです!
コメダ珈琲の食べるコーヒーゼリードリンク「ジェリコ」は、3回楽しめる新感覚デザートだった!
コメダ珈琲店、ドリップバッグと有田焼カップ&ソーサーのセットを発売
コメダ珈琲の人気スイーツから「まっしろノワール」登場。蜂蜜とソフトクリームが最高のマッチング!
 


 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」