明治スーパーカップ新作「白桃のタルト」を実食レビュー! ゴロゴロ果肉&濃厚な風味でもはやケーキの満足感

明治の大人気デザートアイス「エッセル スーパーカップSweet’s」シリーズから新作フレーバー「白桃のタルト」が登場! 芳醇な香りと濃厚な甘みが楽しめる白桃果肉入りソースをトップにした全4層仕立ての味わいは、まさに贅沢なケーキのよう。そのおいしさを詳しく食レポしてみました!

大人気の「明治 エッセル スーパーカップ Sweet’s」シリーズから、新作フレーバー「白桃のタルト」が登場! 6月14日(月)から全国のスーパーやコンビニで発売されています。
 

6月14日から発売! 新作は「白桃のタルト」

「明治 エッセル スーパーカップ Sweet’s 白桃のタルト」(筆者撮影)

みずみずしい桃の果肉をたっぷり使ったソースに、2種のアイス、食感も工夫……と、まさにケーキのような贅沢な味わい。満足感たっぷりのおいしさでしたので、詳しくレビューしていきます!
 

初夏にぴったり! 「白桃のタルト」はみずみずしいアイスデザート

淡いピンク色のパッケージ(筆者撮影)

アイスと素材を何層にも組み合わせることで、贅沢なスイーツを表現してきた「明治 エッセル スーパーカップ Sweet’s」シリーズ。新作は、かわいらしいピンクのパッケージが印象的な「白桃のタルト」です!

側面のイラストイメージ(筆者撮影)

側面には、こだわりの多層構造がイラスト化されています。今作はトップに、白桃果肉を使ったソース、2段目にチーズクリーム風アイス、3層目にクッキー、最下層はバニラアイスという内容。

フタ下はフィルムに(筆者撮影)
フタを取ると内側にフィルムあり。めくるのも楽しみな瞬間です!
 

ゴロゴロの白桃果肉入りソースが一面に 

ジュレ感たっぷりの白桃果肉ソース! (筆者撮影)
ふわっとやわらかな色合いの白桃果肉ソースが一面に! 白桃は夏が旬。その華やかな甘みと香りを味わえるようにと、11%もの果肉を使用しているのだとか。スプーンですくってみると、とろりとしたジュレのようなソースに、カットされた白桃がゴロゴロと入っているのが分かります。
 

4層仕立てでケーキの味わいを表現 

下まで一気にスプーンですくいます(筆者撮影)

下まで一気にすくって、ひと口で味わいます。すると白桃ソースの甘い香りが鼻から抜け、果肉からジューシーな旨みが口いっぱいに広がります。2層目のチーズクリーム風アイスは、濃厚すぎずヨーグルトのような爽やかな味わい。

多層構造でケーキのような味わいを表現(筆者撮影)
最下層のバニラアイスは卵黄を使っており、黄味がかった色合い。カスタードクリームのようなまろやかさとコクが楽しめます。その間にあるクッキーは少し控えめな印象ですが、確かにタルト生地を思わせる仕上がりです。桃ならではの濃厚な甘さと、さっぱり感が同居する味わい。タルトとして楽しめるよう、しっかり計算されていると感じました。これはおいしいですね! 
 
断面もイラストとほぼ同じ……!(筆者撮影)
スプーンですくっただけだと層が分かりにくいので、思い切ってカップごとカットしてみました。キレイな色味ですね! 冷凍庫から出したばかりだとアイス感が強いのですが、よりケーキのように味わうなら2~3分程度常温に置き、少し溶けた頃を見計らって食べるのがおすすめです。
 
カロリーは1個266kcal(筆者撮影)
1個172ml当たりのカロリーは266kcal。一般的な桃のタルトのカロリーを調べてみると、ひと切れでおよそ411kcalでした。
 

贅沢な気分に浸りたいときにおすすめ!

メーカー希望小売価格は1個238円(税込)(筆者撮影)
1個238円(税込)と、いつものエッセル スーパーカップよりお値段は張りますが、贅沢な気分に浸れる多層仕立てのSweet’sシリーズ。今回レビューするにあたり、筆者はコンビニ3店舗目でようやく購入できました。すでに人気商品のようなので、見つけたら買っておくべきかも? ぜひ試してみてくださいね。

【おすすめ記事】
ローソンのピスタチオアイスが復活! ねっとりした食感が病みつきに
今大人気の「マリトッツォ」って本当に美味しいの? 競合スイーツ3種を食べ比べ!
スタバ新作「3つのTEA」を早速飲んでみた!爽やかな味わいに“リラックス”…
コンビニ「マリトッツォ」3種食べ比べ! セブン、ファミマ、ローソン100
 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」